フリフレ2 レビュー

タイトル フリフレ2
メーカー Noesis
発売日 2011/12/22
総プレイ時間 3~5時間
シナリオ 72
音楽 69
グラフィック 90
総評 72

選択肢による分岐があり、3つのエンディングがあります。
2となっていますが1の話は一切出てこないためこちらからプレイしても問題はありません。

プレイ時間は2つが各1〜2時間、1つだけ10分程となっています。

全体的な感想は前作より色々劣化したのかなということ。
前作のムダもなく、テンポが良いという部分が今作はちょっとなくなっていた印象。
また全体的に重めな雰囲気も良さの1つだったが、今作はイチャラブパートなどもあるため雰囲気が軽めになってしまうことに。
この辺は好みの問題でもあるが個人的にはあの雰囲気は壊してほしくなかったかな。

シーン数は15。
シーンによっては中か外の選択肢あり。
一部を除いて変わったシーンはなく、JKヒロインで想像出来るプレイが揃ってるかと。


ボイスはサブ含め女性キャラのみフルボイス。
この手のロープラでは珍しく立ち絵のないキャラにまでボイスがあり、きちんと声優さんも別の人が演じています。
そこまでやってるのになぜか男性キャラは立ち絵があるのにボイスがなかったりと謎の拘り。
BGMは前作に比べ軽めなものが多め。
雰囲気が軽めに感じてしまうのはこのBGMの影響もあるかも。


相変わらず1人の女性キャラとして見ればかわいらしくCGになっても安定していていいかと。
フェラの時の主人公の足は太ましくて笑ってしまったが(笑)
あと上にも書いたがサブの男性キャラは立ち絵があるのに女性キャラの方はないという謎。
しかしその男性キャラは色んな意味でいい感じなのでお気に入り(笑)
プレイして確認してみましょう。


定番にいらない味付けしてしまった作品。
エロゲ以外でもあるが1がよくて2がダメになる時の典型的な例になるのかな。
前作同様選択肢によってエンディングが大きく変わり、分岐の意味を成してるのはいいことだが前作なかったイチャラブパートなど入れたことにより全体的に作品の雰囲気が軽めになってしまっていたのはよくなかったかと。
またボイスがキャラと合ってないようにも思えたからかも。
前作の藤森ゆき奈さんがドンピシャだった分もあるかもしれないが今作の方は清楚系ヒロイン感がないような。
鼻声っぽいのでわちゃわちゃした年下ヒロインとか向いてそう。
まあこの辺は個人の好みだったり感じ方次第だから正しいとかはないんだけど一応思ったのでね。

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。