私的思い出の作品 1「ALMA〜ずっとそばに…〜」

最近エロゲプレイしてなくて感想記事も特にないので何か新しいタイプの記事をと考えてこんなものを。
というかスマブラ発売されてから1秒もエロゲプレイしてない件(笑)
ネブギャル以降になるから1ヶ月はプレイしてないのか。
さっさとWHITE ALBUM2終わらさないといかんのにね。

話を戻しますが、以前私的伝説のクソゲーを紹介した記事がありましたが、あんな感じに書きたいこと書いて作品を紹介する記事もおもろいんじゃないかと思いまして。
作品がおもろい、つまらん関係なく色んな意味で記憶に残ってる作品はそこそこあったりするんでね。

では1回目の記事はこちらの作品。


・ALMA〜ずっとそばに…〜(Bonbee!)

どこが思い出の作品なのかと言うと自分ではじめて買ったエロゲということです。
みなさんもはじめて買ったエロゲってやっぱり自分の中で特別なものになってるんじゃないでしょうか?

はじめてプレイしたエロゲは何回も言ってるが「君が望む永遠」で、これをプレイしたことによってエロゲーマーになった作品ではありますがそちらはツレに借りてプレイした作品でした。
それからエロゲは泣ける作品がたくさんあると知り、ネットで泣ける作品を調べまくって候補で絵が1番綺麗だったこの作品を買ったわけです。

ちなみにストーリー。

3年前に起きた事故で両親を失った十崎巧巳は、生き残った妹・由衣や気の知れた仲間たちと平穏に過ごしていた。
そんなある日、学園にひとりの転校生がやってくる。
そのことによってゆっくりと止まっていた時間が動き始める。
自分は誰なのか、昔何が起こったのか?
そんな、夏が始まる…

勘のいい人ならこれ読んだだけでおおよそのオチ予想出来るよね。
今の自分がプレイしたら間違いなくクソと言ってるであろう(笑)
ただ当時は他の素晴らしい作品を知らないし、ライターの技術やらも全然知らない状態なのでそこそこ感動してたりしましたね(笑)


特にこの麻宮梗ルートはキャラも魅力的でツンデレヒロインもいいもんだなと思ったりしたもんです。


あとこのゲームでちょっと話題になったのは妹キャラの設定をしっかり血の繋がった妹にしたということ。

知らない人に言っておくと当時のソフ倫は近親相姦の描写は禁止に近い規定にしていました。
そのためこの頃は色々めんどくさくならないためと、エロシーン入れる理由として妹キャラは義理にするのが当たり前でした。

しかし実の妹にしたはいいが特にストーリーでの意味もなく、当然エロシーンなし(オナニーシーンのみ)ということでなぜこの設定にしたのかと叩かれたり。

ちなみにソフ倫の規定がこのゲームの発売された1年後くらいに緩和され、近親相姦OKになったら妹のエロシーンを付け加えた完全版が出たのはおもろかったですね(笑)
この辺に関してはこちらのwikiでも詳しくのってます。

あと関係ないがこの作品のライターさんは今もサマポケのメインライターとかやってるそうで。
年数だけで言えば超大御所ライターさんですね。
CLANNADなんかにも関わってるらしくあの辺の作品好きな方はプレイしてみてもいいんじゃないでしょうか。

ということで第1回はこの辺で。
あんまりおもしろみのない内容でしか書けなかったので次回はネタになりそうな作品で書こうかなと思います(笑)

では。

-関連記事-

・今年1年で感じたエロゲのことを語ってみる

・再プレイしようと思ってるエロゲ 2

・プレミア化するエロゲの傾向はあるのか

・最近お姉ちゃんゲーが増えてるような気がする

・エロゲに復帰した理由

・「そんなんもうええねん」って思うエロゲ展開

・10年ぶりにエロゲを再開してから1年経過して10年前との違いや思ったこと 5

・エロゲを離れる時ってどんな時か?

・2017年のエロゲで見た目が気に入ったヒロイン

・【リベンジ記事】2017年に発売したエロゲのメインヒロインのみでおっぱいサイズ調べてみた

・再プレイしようと思ってるエロゲ

・個人的に参考にならないレビューのワード

・10年ぶりにエロゲを再開してから1年経過して10年前との違いや思ったこと 4

・昔のHDD漁ってたらインスコしたエロゲが何個もあり懐かしい気持ちに

・グラフィックの点数をつける意味がない気がしてきた

・掃除してたら「車輪の国、向日葵の少女」の予約特典やらが出てきた

・2017年発売のエロゲで1番多かったヒロインのおっぱいサイズを調べてみた

・10年ぶりにエロゲを再開してから1年経過して10年前との違いや思ったこと 3

・駿河屋で買い取り価格が高いエロゲを調べてみた

・10年ぶりにエロゲを再開してから1年経過して10年前との違いや思ったこと 2

・10年ぶりにエロゲを再開してから1年経過して10年前との違いや思ったこと 1

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。