デレツンお姉ちゃんのエッチレッスン~イジメちゃうのは、愛してるからなんだよ?~

タイトル デレツンお姉ちゃんのエッチレッスン~イジメちゃうのは、愛してるからなんだよ?~
メーカー アンモライト
発売日 2016/11/11
総プレイ時間 2~3時間
シナリオ 70
音楽 65
グラフィック 84
総評 75

基本的にシーンのためのパートをみていき、選択肢による分岐で計3つのエンディングという形になっています。

プレイ時間は初回が1〜2時間、2周目以降10〜30分となっています。
全体的にはテンポも良く、うっとうしい描写などもないためストレスなくプレイ出来ました。

シーン数は15。
特徴として挿入シーンが少ないということ。
姉ゲーということで近親相姦モノになるんですが、そこになかなか重きを置いており、姉とのえっちな体験について悩んだり拒んだりするこの手のロープラでは珍しい主人公なので挿入しているシーンは終盤まで出てこなかったり。

その分挿入以外でのシーンにこだわっており、よく言えば短いながら他の作品との違いを出してる作品、悪く言えばただ焦らされてるだけの作品と言えるのかも。
足コキ、パンツで手コキ、脇コキ、髪コキ、顔面騎乗位、素股などライトな方向での変わったプレイが楽しめます。
個人的にもあんまりみないシーンなどあったのでしっかりシーンを読むことが多くこの辺はいい所と思えました。


ボイスはメインヒロインのみフルボイス。
BGMは空気。
なぜ主題歌があるのかは謎。


立ち絵よりCGのヒロインの方がかわいく見えるのである意味安定してないと言えるのかな?
あとシーンではブラをしてることが多く、ヒロインの乳首が見えないことが多かったのかな。
作中ヒロインの乳首より主人公の乳首の方を先に見れたとはこれいかに(笑)


主人公の乳首はフォルムがチーズおかきみたいだし誰得だったのか。


近親相姦のフルコース。
初セックスまで前菜みたいな挿入なしのシーンが続くのはコース料理のよう。
近親相姦という設定で初えっちまでの過程をしっかり楽しみたいという方にはオススメかも。
ただマナー関係なく食いたいものさっさと食いたい僕のような下品な小市民でも物珍しさで楽しめたところはあったりしました。
結局お姉ちゃん好きならプレイして損はないって感じでまとまるのかも。

-ご購入はこちら-
Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。