ああっママになるっ!~アナタを想って溢れるおっぱい~ レビュー

タイトル ああっママになるっ!~アナタを想って溢れるおっぱい~
メーカー あかべぇそふとつぅ
発売日 2019/03/29
総プレイ時間 2~4時間
シナリオ 73
音楽 67
グラフィック 86
総評 72

選択肢のない1本道のストーリーとなっています。

テキストはムダもなく、テンポ良く進むのでストレスなく読み進められるかと。
ストーリーはタイトルの通りヒロインがママとして目覚めていく過程を描いておりコンセプトは間違ってないと思います。

しかし気になったのはシーンでのテキストか。
1つ例をあげれば射精することを「シーシーする」などワードに個性が結構出ており、エロいというより笑いの要素が強くなってしまってる感じ。
個人的には同じようなシーンやテキスト見せられるよりおもしろいし他にないものなので楽しめたがコンセプトのママに甘え散らかすえっちを期待してた人はこの個性的なワードが邪魔になるかもしれない。

あとこれは自分が悪いのかもしれないが当然ママということで赤ちゃんプレイも出てくるが何気なくそういうシーンのバックログ表示してCGなしで文字だけ読んでたらこんなこと大のおとなが真剣に書いてるんだよなって思えて笑ってしまった(笑)

シーン数は12。
発射選択、カウントなし。
内容はテキスト関係なく言えば上にも書いた通りヒロインがママになって甘やかしてくれるものばかりとなっておりコンセプト通りかと。
あとなぜかわからないが聖水多め。


ボイスは立ち絵のないサブキャラ含めフルボイス。
BGMは空気。
SEはあかべぇの伝統なのか相変わらず安っぽい感じのが何個か。


エロゲでは久々の有葉さんということでほぼこれだけのために買ったんだが絵のタッチがなんか変わったような気がする。
今回はヒロインが年上の上司ということが影響してるのかもしれないが個人的にはかまいたちの夜のような感じのグラフィックが好きだったんでちょっと残念。
ちなみにCGや立ち絵は安定しており問題はないかと。


クセがすごい。
笑かしにきてるのか、真面目にえっちな方向を見て書いてるのかわからない個性的なテキストのクセをどう捉えるかになるのかな。
普段エロシーンをそんなに読まない自分みたいな奴にもしっかりエロシーンを読ませてると考えれば勝ちなのかもしれない。
しかしはっきり言えば自分の性癖の範囲外なので正確なことは言えないってのが本音です、ごめんなさい(笑)
とりあえず赤ちゃんプレイが好きな人はプレイしてみてはいかがでしょうか。

-ご購入はこちら-
Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。