アオナツライン 体験版 感想

買おうか悩んでるアオナツラインの体験版をプレイしてみたので軽い感想を。

悩んでる理由として、グラフィックは素晴らしいがストーリーがどうなのかということ。
読んでて苦痛にならないかどうか。
ここが気になるので体験版をプレイしてみました。
体験版の内容はストーリーの序盤と、ストーリー読み終わったら1人ずつ1つシーンがみれるというもの。

・エロシーン
買う理由としてはこれ以外何もないので期待してましたがシーンはまさかの挿入直前でぶった切られるというもの。
「ここから先は君の目で確かめてくれ!」とVジャンプのクッソ無能な攻略本のようなあってないようなものでした。
まあ10年以上前のエロゲの体験版なんかエロ中心のゲームなのに序盤のストーリーのみで乳首すらみれないのもあったしまだましなのかもしれんが。
エロシーンみて決めると言う人にはなんら意味のない体験版ですね。

・ストーリー
ストーリーの方は主人公含む2人の野郎と1人のヒロインという、いつものメンバーできゃっきゃしてた所に2人のヒロインがメンバーの仲間になってメンバーで青春を謳歌し、メンバーの絆を深めてメンバーのヒロインとくっつくのが目的となるメンバーの青春物語。

テキストは先が読める内容のものをだらだら垂れ流してるタイプ。
この手のによくいる荒ぶるキャラがいないので疲れはしないが飛ばしつつ読まないと退屈できつい。
序盤見る限りライターの技術もなさそうなのでストーリーにはあまり期待しない方がいいかと。
まあキャラゲーだしそんなもん期待してる人は多分いないとは思うが。

・グラフィック

いつもの戯画と大きく違うグラフィック。
ヒロイン全員かわいくていいですよね。
ことねが巨乳設定ならなおよかったんだがまあ許容範囲。

・まとめ
青春を謳歌しましょうというわいわいきゃっきゃっが強めに出るかもしれない作品になるのかな。
僕の苦手な海でのわいわいきゃっきゃっもありそうなのはちょっと萎えてしまう。
逆に陽キャやリア充のグループにいた人は懐かしい気持ちになれるのかもしれませんね。
僕の青春は野球にしばられてた記憶しかないからこれがリア充や陽キャの青春なのかはいまいちわからないですけどね。

とりあえず買うけどやるもんあったり忙しかったらセーブデータ当てて楽しむかも。

ゲームレビュー一覧へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。