ノットフィクション! レビュー

タイトル ノットフィクション!
メーカー はちみつそふと
発売日 2018/01/25
総プレイ時間 1~3時間
シナリオ 71
音楽 64
グラフィック 91
総評 77

基本1本道のストーリーで、本編クリア後にシーンのためのサイドストーリーが3つ解放されます。

プレイ時間は本編が1〜3時間、サイドストーリーが1つ5〜10分くらいとなっています。

ストーリーは同メーカーの前作「HarmonEy」同様、小難しい話が一切ないいちゃいちゃとエロの日常をひたすらみていくものとなっております。
ヒロインはガン攻めの優しさと甘やかしと好き好きアピールを携えており、こちらも前作同様、男にとって都合のいいお嫁さんを体験させてもらえるかと。

良かった所はヒロイン目線で進むパートもあり、主人公8、ヒロイン2くらいの詰め込みすぎない目線の数でバランスが良かったこと。
目線変えるならこのくらいのバランスがちょうど良く、ストーリーのいいお口直しになっていました。

シーン数は10。
発射カウントはあり・なし設定可能、発射選択肢はなし。
変わったプレイは特になく、いちゃいちゃプレイオンリーです。
残念なのは挿入がバックだったり、おっぱいが目立たないシーンが多めなこと。
その大きいおっぱいは何のためのものなのか。
逆にケツ派の方は結構イケるかも。


ヒロインのみフルボイス。
特に問題ないかと。
BGMは全く耳に残っておらず空気。
ある意味このゲームのコンセプトに合っており、見方を変えればプラスなことなのかも。


前作同様綺麗でかわいらしく、CGも安定しておりほぼ文句のない出来。
前作ちょっと気になった家の中でも攻めてた私服は鳴りを潜め、パジャマ姿など立ち絵でもコンセプトに気を使っているのは良かったかと。
あと主人公キレッキレ。


「HarmonEy」Ver.2.0.0
前作を改善し、コンセプトにより近づけた作品になった感じ。
少々説明口調なセリフ以外は特に気になることもなく、グラフィックも綺麗なのでヒロインとのいちゃいちゃ生活を楽しむ作品として見ればほぼ文句のない出来かと思います。
特にヒロインにひたすら甘やかされて好き好きアピールされたいような方にはかなりウケるんではないかと。
メーカーとしてもきちんと前作より良いものにしていこうという姿勢も見えるので個人的には好印象でした。

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。