2018年にプレイしたエロゲを振り返る 5

-前回記事-

・2018年にプレイしたエロゲを振り返る 4

2018年最後の振り返りです。


25.ケモノ娘の育て方(SWEET&TEA) レビュー
企画・ライターがNYAONさんということで気になって買ってみた作品。
しかし、昔の作風と違いほぼほぼわいわいきゃっきゃっのストーリーだったという。
元々技術のあるライターさんなので要所は締めるし、キレもみせる分、最後までプレイ出来たという感じ。
あと関係ないがTwitterでこの作品の雰囲気でシリアスシナリオゲーと言ってる人が何人かいたのにはびっくりした。

-ご購入はこちら-
Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)


26.バタフライシーカー〜カオス・ナイトメア〜(シルキーズプラス) レビュー
開始1時間くらいは前作の説明やらもありテンポも悪く、波のないもの見せられてたのでアカンかなと思ったが本編がはじまるといつものテンポの良さで楽しめました。
関係ないけどクソなエロゲだけでなく映画でもそうだけどセリフが説明文だらけってのは必ず当てはまったり。
上手なライターさんはセリフにも気を使って説明はなるべく文字にしようとしないんだよね。

-ご購入はこちら-
Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)


27.手垢塗れの復讐(あかべぇそふとすりぃ) レビュー
手垢塗れシリーズ最後の作品として登場。
前作がよかったので当然今作もプレイ。
久々に新作としては発売前から楽しみだった作品です。
ダーティーな主人公によるストーリーはとてもおもしろくこれが最後なのはとても残念。
エロスケの評価の数が少ないのみてもわかる通りそんな売れないからなのだろうか。
客がイチャラブわいわいきゃっきゃっ勢しかほぼいない今のエロゲ界ではほんまシナリオゲーはもうアカン時代なんだろうね。

-ご購入はこちら-
Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)


28.緋奈沢智花の絶対女王政(裸足少女) レビュー
タイトルだけみたらお手軽抜きゲーと思いきや普通にストーリーをしっかりやってる作品。
パートもシーンのために作られたものでなくストーリーの流れで発生したようなシーンが多めなので自然な感じでした。
エロにストーリーの流れも必要と思う人にはオススメかと。

-ご購入はこちら-
Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)


29.ネブギャル〜JKギャルを舐り尽くして彼氏バレ「おじさん以外もういらねーから」〜(SUKARADOG) レビュー
こういう見た目の白ギャルって二次でも三次でも大好きなのでもっとエロゲやAVでも増えんかな?
まあぶっちゃっけ二次に関しては表情と口調のさじ加減で簡単にギャルにみせること出来るんだろうけど。
あと八重歯とかつけときゃええみたいな。
「八重歯の清楚系ヒロイン、マジで0人説」とか記事で書いてみるか?(笑)

-ご購入はこちら-
Amazon げっちゅ
駿河屋 FANZA(DMM)

以上全29作でした。

-関連記事-

・2018年にプレイしたエロゲを振り返る 4

・2018年にプレイしたエロゲを振り返る 3

・2018年にプレイしたエロゲを振り返る 2

・2018年にプレイしたエロゲを振り返る 1

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 4

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 3

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 2

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 1

・2016年にプレイしたエロゲを振り返る

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。