緋奈沢智花の絶対女王政 レビュー

タイトル 緋奈沢智花の絶対女王政
メーカー 裸足少女
発売日 2018/11/30
総プレイ時間 5~7時間
シナリオ 74
音楽 73
グラフィック 86
総評 77

シーンによる発射選択肢がありますが1本道のストーリー。
章仕立てになっておりプレイ時間は各章1〜2時間となっています。

全体的な感想は意外とストーリーもしっかり作ってあるなということ。
タイトルと公式のストーリーみるとよくあるエロシーンのためのパートが続くタイプのモノかと思いきや、しっかり生徒会としてのストーリーがメインとなっています。
ストーリー中にエロシーンのためのフリもふってあるものがあったりとわりかし自然な感じのエロシーンとなっています。

シーン数は21。
すべてメインヒロインの緋奈沢智花となっています。
上に書いた通り発射選択ありでこちらはオプションで全部どっちにするか指定することも出来ます。
発射カウントと少ないですがアニメーションのシーンもありなかなかがんばっているかと。

プレイ内容はタイトルやパケ写の感じから調教やらのハードなのが多そうなイメージだがほとんどそんな感じのものはなく、どっちかと言うと年上の先輩に逆らえないおねショタモノとかあの辺に近いかも。
一応Mな方も喜びそうなプレイも一通り揃っているのでそちらを期待してる人も楽しめるかと思います。


ボイスはベテランさんが多く結構豪華な布陣。
特に違和感もなく問題ないかと。
ただ立ち絵は用意してるのに一部ボイスのないのがいたりと謎の手の抜き方。

BGMは一通り揃っているが一部場面にあってないチョイスやら細かく刻む演出もあったり。
特に少しだけ刻んで挿入するシリアス調のものはかなり重めのタイプの音なのにストーリー上は大して緊迫感がある様子もなかったり所々違和感が。


爆乳爆乳アンド爆乳。
巨乳を通り越して立ち絵のあるヒロインほぼ爆乳の仕上がり。
人によっては超乳にみえるかもね。
CGは特に崩れたものもなく問題ないかと。


爆乳好きよ集まれ。
グラフィックは完全に爆乳好き向け。

シーンはMな方向けであるのは間違いないが肉体的にというより精神面でのMなプレイが多めな感じはするので痛めつけられるようなハードプレイが苦手なMな方にオススメなのかな。

またシーンだけでなくストーリーを楽しみながらエロシーンも楽しみたいって人にもオススメかも。
あくまでこのゲームはストーリーがメインとも言えるので。
まあストーリーメインで見ちゃうと評価は下がるんでハードルは上げない程度でだけどね。

ゲームレビュー一覧へ

↓(以下ネタバレ感想)↓


終盤に1週間射精禁止なのにその間にエロシーンがあってきっちり射精してたのは突っ込んではいけないところなんかな。
後々シーンを付け足したのかも。

サブで立ち絵があるのにボイスなかったり、エロアニメーションが序盤のシーンだけだったり、誤字脱字があったりと細かい調整する時間がなかったのかなと透けて見えるところは多かったかも。
まあそれでも最低限みれる作品には仕上げてるのでいいのだけど。

実際Mじゃないんでわかんないんだけどこういうタイプの女性はMな方には好評なのだろうか?
調教って聞くとやっぱ身体痛めつけるプレイ想像するがそれは浅はかな考えなんか。
嬢王様によるSM試験なんてのもあるしSMの世界も色々な性癖があるのかもね。

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。