2018年にプレイした作品を振り返る 1

今年も終わりに近いづいてきたということで毎年恒例となっているプレイした作品の振り返り記事を。
いいネタ稼ぎになるのだ。

今年の傾向としてフルプラのプレイが少ないってことなのかな。
そもそも今年発売した作品自体がロープラかミドルプラが多めなのも影響しているが。
最近ロープラで1作1ヒロインのバラ売りも流行ってきてるしガチで来年あたりはフルプラの方が珍しい状態になってるかもね。


1.眠れぬ羊と孤独な狼(CLOCKUP) レビュー
年末に発売したゆえ年またいでプレイした作品。
プレイ中、特にツッコミ所もなく読ませるテキストなので楽しめたがレビューに困ったような作品。
アングラなお話が好きな方は間違いなく楽しめるかと。


2.少女と年の差、ふたまわり。(あかべぇそふとすりぃ) レビュー
パケ写とストーリーみるとシナリオゲーなのかイチャラブゲーなのか判断に困る作品。
結果イチャラブゲーだったわけですがそっちの視点でみると楽しめるそうです。
その辺のジャンルは詳しくわからないのでおもしろいか責任持てんが(笑)


3.見鏡澄香の制服活動(プレカノ) レビュー
知らない人がいきなりフリも何もなくボケをかましてきても笑ったり受け入れることが出来る素晴らしい人格の持ち主なら楽しめると思いますね。
まるで生まれたてかのように目に入ったもの、聞いたものに何でも感銘を受け、きちんと丁寧に描写しちゃう主人公に、トトロでも見えそうな心の綺麗な登場人物たちによる全く起伏のない穏やかなストーリーに癒されてください。
ぼくはこころがきたないからよんでてもむずかしくてりかいできなかったなぁ。


4.調子に乗ってるレイヤーでオタサーの姫を教師の俺が騙してハメ撮りしてみた(ぱちぱちそふと黒) レビュー
そもそも調子にも乗ってないしオタサーの姫でもなかった件。
外注のシナリオはメーカーと連携が取れてないってことが多いがこれは典型的な例だったのかな。
気になるのはぱちぱちそふとがこれ以降新作の発表すらしてないこと。
潰れてしまうのかな。


5.パコマネ 今日からわたし名門野球部の性処理係になります…(Frill) レビュー
野球描写に色々ツッコミ所があり違った意味で楽しめた作品。
こんなマネージャーがいたら俺ももうちょっと真剣に野球やってたわ(笑)
うらやましい。


6.ヤンデレなお姉ちゃんに愛し尽される監禁生活(Norn) レビュー
ヤンデレヒロインというと某ヒロインの影響で包丁や鉈を持って血祭りみたいなイメージが強いがこちらは甘口のヤンデレが楽しめるお姉ちゃんゲー。
ただひたすら病んだ好き好きオーラで甘やかそうとしてくれるお姉ちゃんに甘えてみよう。


7.母性カノジョ-子宮 帰還編-(あかべぇそふとつぅ) レビュー
お姉ちゃん的なヒロインはレビューにも書いたが、押すところ押すが引くところも引く絶妙にバランスのとれたヒロインが好きなのでこのガン攻めの甘やかしはちょっとタイプが合わなかったかな。
まあ絵がえっちなのでそれで十分なんだけどね。

今回はこれまで。
年末までに何回か分けて上げて行くんでよろしくお願いします。

-関連記事-

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 4

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 3

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 2

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 1

・2016年にプレイしたエロゲを振り返る

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。