みにくいモジカの子 レビュー

タイトル みにくいモジカの子
メーカー Nitro+
発売日 2018/07/27
総プレイ時間 12~14時間
シナリオ 74
音楽 70
グラフィック 91
総評 73

枝分かれ式の一本道で選択肢による分岐となっています。
特徴として選択肢となっていますが、すべて主人公が視線を上げるか上げないかの二択による選択肢となっており、分岐の条件などは複雑なので詳しくは攻略サイトをみてください。
プレイ時間は各ルート2時間〜3時間となっています。

全体的な感想は1人目までがピークだったということ。
というのもあらすじからみて期待するストーリーが1人目であっさり成立してしまっており、他の個別が消化試合のようになってしまっているため。
作り手側はメインルートのために各ルートをフリとして作っているつもりかもしれないが、それがほとんどみてもみなくても影響のないものになっており、どちらかと言うと時間のムダなものと感じるものでした。

他に書きたいことは個別の感想で書いたのでそちらで。


作中SEのみだったりするせいかあまり印象に残ってるものはない。
BGMらしいBGMがないせいもあるか。
ボイスは特に問題ないかと。


シンソウノイズのはましま薫夫さんということで安定しており、綺麗で文句のない出来。
相変わらずエロさもあってよかったです。
シンソウノイズの時も書いたけどもう少し正統派のエロゲでこの人の絵はみてみたいかも。


書いてる人が途中で変わってしまったような作品。
最初と最後の2時間は技術にかなり差があり別の人が書いたような粗さに。
時間がなくて後半雑になってしまった可能性もあるかもね。
そう思わせてしまったのはシナリオの項目でも書いたが、期待したであろう展開の決着が早すぎたこと。
公式のストーリーみて多くの人が想像する展開が1人目である程度成立してしまい、2人目からはキャラ達が何かするも、フリが全然効いてないのでついていけなくなることに。
気持ちが置いていかれるため感情も揺れることなく、淡々と読み進めているだけで消化試合感が半端なかった。
もしそのオチで決めたかったならもう少し見せ方をしっかりしないと納得出来ないよねとしか言えなかったのは残念。

キャラ別の感想(ネタバレあり)
・体験版感想
・双葉みゆ
・四月一日胡頽子
・九鬼綺羅々
・花椿
・許斐鳴子

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。