親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク レビュー

タイトル 親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク
メーカー Waffle
発売日 2018/06/29
総プレイ時間 3~5時間
シナリオ 80
音楽 59
グラフィック 87
総評 80

選択肢による分岐のエンディングが4つあります。

プレイ時間は1周目が3〜4時間、2周目以降10〜30分となっています。

全体的な感想はこの手のゲームでは珍しく技術も使ったテキストの作品だったということ。
この手のゲームは基本的に男側の脅迫→ヒロイン従うの一本調子のものが多いが、この作品はきちんとヒロインの感情が揺れたり、ストーリーに波をつけてたりと飽きないようには出来ています。
プレイ後に知ったんだがこのゲームのライターさんFrillの「パコマネ」や「神待ちサナちゃん」など書いたライターさんだったらしく、最低限のこと出来てるのは納得。

シーン数は回想シーンが25シーンあるが2、3シーンはただの日常的なシーンだったり中途半端なものでトータルでは20シーンくらいと思っていいかと。
シーンでのグラフィックの躍動感が半端なく、汗や体液などが飛び散ったりする演出にも力を入れてるため激しいのが好みの方にはなかなか使えるかも。

発射カウントはありで、カウント終わりが近づくごとにテキストの色も変わるため発射までがわかりやすくなっています。
また「GOODタイミング機能」という今すぐイキたかったら射精シーンまで飛ばせたり、まだイキたくないなら延長出来るというシステムもあります。
この辺は新しくて素晴らしいかと。
外中の選択肢は一部のシーンにあり、基本は中となっています。


ヒロインやモブ、男性キャラ含めフルボイス。
BGMはほぼ空気。
webアンケートに答えると声優さんのコメント特典が貰えるので是非答えましょう。


立ち絵はヒロインの肩幅ががっちりしてたり、男キャラは若干しゃくれ気味だったりとクセは強い。
また制服姿は常に透けブラしており、個人的に透けブラは好きだが見えすぎていてなんか違うんだよなと思ってしまったり。
CGは安定してると思います。


エロシーンへの熱いこだわりは素晴らしいの一言。
電動オナホ対応、GOODタイミング機能、汗や体液の演出などメーカーのエロシーンへのこだわりっぷりとプロ意識には感心してしまうレベル。
個人的に使えるか使えないかで言えば使えない部類ではあったが。

エロシーンの躍動感がすごく好きな人にはたまらないだろうが、背景やおっぱいの揺れ幅が凄まじいため、セックスしながらタイムリープでもしてんのかと思えてちょっと笑ってしまった。
たまにエロマンガでもある汗や体液がめちゃくちゃ出てて激しいタイプのあれが好きな人は絶対ハマるかと思うんでそんな方にオススメ。
ストーリーもこの手のゲームではキャラが作り込んであり、楽しめるのではないかと。

ゲームレビュー一覧へ

↓(以下ネタバレ感想)↓


インストール時に自社の過去作が紹介されてる斬新な試み。
インスコ中はプレイヤー側は暇になるしこういう使い方はいい宣伝になるよなって思いちょっと感心した(笑)
タイトル画面で常に喘ぎ声やCGが流れたりする謎の演出があったりと総評にも書いたこと含め本当に新しいことしてる姿勢は素晴らしいかと。

しかしセーブ、ロード画面やCG観覧でCG選んでる時も常に喘ぎ声が流れてるためうっとうしいだけだったが。
というか最初はバグかなんかにしか思わなかったわ(笑)
ストーリー進めてくごとにはっきりしていき、最終的にしっかりみえるようになるんでおそらく白い花が黒に染まってゆくという演出なんだろうけど正直いるのかいらないのかだったらいらない演出かもね。

ストーリーは意外と言っては失礼だが各キャラの描写や感情の変化がしっかり描かれておりよかったかと。
特に主人公がヒロインとしゃくれのキスシーンみてた時の感情の描写は上手だなと思えた。
ヒロインも割りかし抵抗する場面もあったり、落ちかけてもしゃくれと関わることによって抵抗する力取り戻したりと波をつけてるのも良く2時間くらいぶっ続けてプレイは出来た。

しゃくれがあの歳でメールやら一切やらないのはちょっと無理があるが、無意識に見下すナチュラル畜生っぷりがなかなかよく出来ておりこの手のゲームとしてはだいぶキャラも作り込んでいて感心。
このライターさんもあかべぇの中島大河さんと一緒でなんでもそつなくこなすタイプのライターさんなのかもね。
安心して買えるライターさんは貴重なんでうれしい限り。

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。