DEAD OR ALIVE6 発売決定したが…

DEAD OR ALIVE6が2019年に発売が決定したそうな。
エロバレーなど間で出ていたが最後に出た2015年のDEAD OR ALIVE5 Last Roundから実に4年振りの新作である。
個人的にもDOA5LRは格ゲーをはじめるきっかけとなり、1番ガチった格ゲーなのでDOA6の発売は非常に楽しみです。

-発売決定したが-
しかしある記事に書いてあることが本当なら何考えてんだとは言いたくなるかも。
主な5との違いとして…

・胸揺れ機能の廃止
・女性キャラと男性キャラの比率を変える
・肌が見えすぎる際どい衣装の廃止

だそうな。
プレイしてる人なら見てわかると思うが、DOAシリーズの良さやウリをすべてなくしてるということ。
こんなホモ仕様誰が喜ぶんだよ。

これがすべて本当なら「誰が買うんだよ」というゲームになってしまう。


格ゲーなんて全くやらなかった自分がDOAをプレイするようになったのもこの女性キャラのかわいさと豊富な衣装に惹かれたためである。

他の格ゲーと差別化出来ており、DOAと言えばこういうことだろうというウリがほぼなくなるのはどうかと。

これは最近の格ゲーの中で女性キャラが減っているのと、フェミニストが騒がしいのも影響しているのかな。
海外もやたらエロには厳しいし。

あいつら言うだけ言って別にこの作品興味ないだろうに。

まあ他にも理由があるとは思うが、1番狙ってるのはやっぱEVOのメインタイトルなんかな。
ストリートファイター、KOF、鉄拳、ギルティ、ブレイブルーなど日本で有名な格ゲーが軒並みEVOのメインタイトルになる中、DOAだけはずっとメインタイトルになることはなかった。
それが今年サイドではあるが、はじめてEVOに参加することが決まって本格的にメインタイトルを目指すことになったのかもね。

EVOは他ゲーでも際どい衣装の使用を禁止してたりとそういうのに厳しいらしいし。
このゲームで男性キャラ使うような変わった人たちはこれでもいいのかもしれないが、果たして売り上げ的にはどうなるのかね。

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。