バタフライシーカー レビュー

タイトル バラフライシーカー
メーカー シルキーズプラス
発売日 2018/03/30
総プレイ時間 16~20時間
シナリオ 87
音楽 80
グラフィック 87
総評 86

エンディングリストが9個ありEND No.9のみロックがかかっています。
END No.3・5・7が終わったら自動的にNo.9のルートが開始される形です。
プレイ時間は初回が4〜6時間、2週目以降2〜4時間となっています。

またミステリーということでムシクイという名の推理パートがあり、推理した文章の中に答えが隠された部分を、用意された選択肢で埋めていく形のものがあります。
こちらは不正解を選んでもバッドエンドなどに進むこともなく、不正解の選択肢が消え、必ず正解ルートに導かれるようになっていますのでご安心ください。

全体的な感想は、テンポが良く、ムダな描写を極力減らしたテキストで非常に読みやすい仕上がりになっています。
構成やフリなどもしっかりしており、ほとんどツッコミどころもなく、綺麗にまとまっていて正直書くことがないくらい仕上がってはいます。


ボイスはサブキャラ含め、フルボイス。
ヒロインたちには新旧トップクラスのエロゲ声優陣を抜擢しており、ここはかなり豪華さ。
各キャラ違和感もなく素晴らしい布陣となっています。
BGMはこれといって突き抜けてるものもなかったのかな。


若干立ち絵とCGが違ってみえることがあるが基本的には問題ないかと。
全キャラ巨乳ヒロインなのはとても素晴らしいこと。


おもしろいけど具体的に説明出来ないもどかしさ。
基本おもしろいけどあんまり印象には残らない感じ。
バラエティ番組の勝俣のよう。
まとまりすぎていて大きな波もないため、プレイしててもあまり感情が動かなかったせいなのかな。
ミステリーというジャンルは十分合格ラインを超えてるため読み進められるが、基本的にキャラの感情があまり動かないため、プレイしてるこちらも感情が動かない感じ。
ただ良作以上は間違いないのでストーリーみて気になるならプレイして損はないと思います。

キャラ別の感想(ネタバレあり)
・END No.1 No.2
・END No.3 No.4
・END No.5 No.6
・END No.7 No.8
・END No.9

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。