パワプロ2018プレイしてみての感想

パワプロ2018が4/27に発売されました。
とりあえず10時間近く遊んでの感想を記事にしてみたので購入しようか悩んでる方は参考にしてみてください。

-2016と変わったところ-

・サクセスキャラなどにボイスがついた
ないよりはあった方がいいということで。
こちらは気に入らなければOFFにも出来ますのでお好みで。

・LIVEシナリオという実際のプロ野球の結果からターニングポイントと思われるところからプレイ出来るモードの追加(実質シナリオモードの復活)
昔からシナリオモードは好きだったのでこれはうれしい限り。

・固有フォームで打席に向かう時のモーションが追加
主にサクセスやパワフェス登場キャラだが投球や打席のフォームだけでなく、打席に入るときの固有モーション。
いわゆるルーティンみたいなやつが追加されました。
個性的なものが多く、特にアフロ猪狩の固有モーションは必見(笑)

・プレイ時間など細かいデータが見られるようになった
総プレイ時間や各モードでどれくらい遊んだかなど細かくプレイ時間が表示され、やり込み度にあたるランク表示がされることに。

-試合-
基本的には2016とほとんど変わらないのかな。
体感的に変化球捉えた時の判定が強くなったような気がするくらい。
2016はカーブとかナックルとか芯で捉えても詰まったりすることが多かったイメージだが今作は結構飛ぶ。
特にカーブは2016だとしっかりコース通りに捉えないと全然飛ばなかったイメージだけど今作は簡単にホームランになったり。

また2016では強かったチェンジアップとサークルチェンジは相変わらずまっすぐ狙ってるとタイミング合わなくて強いけど狙ってれば割と打てて飛んでいく感じ。

守備は相変わらずもっさり。
サクセスしかまだやってないから他がどんな感じかわからないが夕方4時くらいの甲子園は屋根の影がグラウンドに伸びてきてリアル。
しかしこれが打球を見にくくしておりファーストゴロなどは特に見づらい。
あとライトフライも芝生の色と落下点の色が重なりまじで全然見えないのでアプデで赤色にするなりしてもう少し見えるようにしないと困るレベル。

-サクセス-
まず長い。
今作は3校あるのだが各校のファーストプレイ終わらせるのにトータルで10時間近くいくことに。
特に3つ目は3年間ということもあるけど初回でだいたい4時間くらいかかったわ。
おそらく2周目以降スキップしても2時間は超えるんじゃないかと。
パワプロ10を彷彿とさせるめんどくささ。
個人的には最近の1時間くらいで作れるサクセスの方が好きだったんだが。
毎回新作出す度にボリューム少ないボリューム少ない言うバカのせいでこんな風になったんだろうけど…
エロゲでもそうだが長ければいいってもんじゃないだろうに。
メーカーもこういうバカの意見は無視していいと思うんだけどな。

あとサクセススペシャルと連動は2016同様出来て、顔やフォーム、変化球エフェクト引き継ぎ出来るんでご安心ください。

こんなもんかな。
マイライフや栄冠ナインは全くプレイしてないんでわかんないんでごめんなさい。

個人的には文句はあれどいいと思える部分が多いので楽しめます。
VRにも対応しておりキャッチャー目線でボールがみえたり観客席から試合がみれたりと他の要素も充実。
気になるなら買った方がいいと言える内容になっています。

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。