【4/17-4/23】今週の横浜DeNAベイスターズ 試合感想

-順位表-

順位 チーム 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1 DeNA 18 11 7 0 67 59 16 19 .237 2.907
2 広島 21 12 9 0 0.5 94 88 19 16 .252 3.941
3 阪神 19 9 10 0 2.0 55 72 9 1 .222 3.282
4 ヤクルト 20 9 11 0 0.5 96 90 15 13 .252 4.053
4 巨人 20 9 11 0 0.0 88 84 15 10 .272 4.166
4 中日 20 9 11 0 0.0 78 85 10 13 .245 3.954

今週も首位をキープだが、ものすごい団子状態。
どこかが連勝すればどこかが連敗する形。
これみると歴史に名を刻んだ2015の悲劇を思い出すがあの時と違うのは勢いで試合やってないところか。
あの時はラストエリクサーぶっ込み続けて勝ってたような首位だったが今年はある程度計画的に試合して勝ててる。
特に先発があんまり打たれてないのはいいこと。
過去の我が軍の歴史で先発が不安定なのに勝ててる調子の良さはほぼ必ず落ちることになってるんで。
逆に先発が抑えてても勝てないパターンは必ず浮上してくる。
ゆえに今年はおそらくあんなことにはならんかと。

-今週の結果-

4試合2勝2敗

4/17 ● 巨 2-3 飯塚
終盤は審判も味方につけて6者連続三振と完全に乗ってる時の山口をみることに。
継投は結果論だしなんか言ったってしゃーない。
亀井は我が軍相手にはいいバッティングするね。
打線はちょっとボール球を全体的に振り出してるからまた沈んでいく可能性もある。
山口が調子よかったからああなってただけと信じたい。

4/19 ◯ 巨 5-0 東
幸先よく初回に先制。
今年はツーアウトからの得点が多いね。
東は前回と違いかなりいい出来。
初登板の時もハマスタで好投したしハマスタのマウンドが合うタイプなのかもね。

4/20 ◯ ヤ 5-6 バリオス
序盤は球審辛めで両投手イライラしてるのがわかるような試合。
低め完全ボールで、ほぼ真ん中もとらんことあるからさらに甘めにボールが集まって打ち合いに。
ってか今日の球審はほんとひどいかった。

嶺井2球連続パスボール。
嶺井は打ててもこれがあるからな…2015年をみてるようだった。
2アウトからいらん失点が3つもあったり、走塁ミスあったりしたけどなぜか勝てたという試合。
筒香は秋吉得意だね。
あとヤクルトの守備のミスがあったらいちいち宮本が映るのは草。

4/21 ● ヤ6-1 ウィーランド
去年もそうだが春先は全然援護がないウィーランド。
バッティングが良いと言われるがほとんど広島戦で稼いだ数字だからジエンゴもあんまり期待出来ず。
あるいはウィーランドが打つ時は自分が打たれた時という可能性もある。
まあ打線は由規のボールがキレてたってのがあるけどね。
点の取られ方もツーアウトから2ラン2回はダメージが大きい。

今週はゆるい日程で4試合のみ。
ヤクルト戦の筒香のホームランくらいか、派手だったの。
バリオスはウィーランドが昇格ということで1回抹消。
ウィーランドは昨日のピッチングなら今年も安定はしそう。
エスコバーとパットンはまだ1年安定するのかわからないんでどっちかが調子落とした時に中継ぎとして上がる可能性が高いんかな?
そしてソトは名前すら聞かなくなった(笑)

-関連記事-

・【4/10-4/15】今週の横浜DeNAベイスターズ 試合感想

・【3/30-4/8】今週の横浜DeNAベイスターズ 試合感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。