【ネタバレあり】バタフライシーカー END No.3 No.4まで

一言感想:ライジング◯サ◯ン

バタフライシーカー、2時間45分でEND No.3、No.4終了。

ねーちゃんと先生の時もそうだが、なぜいいおっぱいをお持ちなのに全員決まって最初のえっちシーンはバックから入るのだろうか。
ただでさえ少ないえっちシーンを1つ無駄にしており、おっぱい好きはブチギレているかもしれない。
バックって男側は楽だけど視覚的な楽しみがなくてあんまり好きじゃないんだよな。
1回クサ◯ンと致した時は突く度に臭いが上がってきてクッソ萎えたの覚えてるわ(笑)
エロに関しては何1つ良さがないですね。

ちなみにこのルート終わった時点でCG、シーン回収率50%いってるので半分終わったんか。
かなり短いゲームのよう。
最近のエロゲーマーさんはこういうえっちシーンが少ないゲームだと怒りそうだがどうなんだろ。
昔はこの手のゲームはラストに取って付けたかのような申し訳程度の1シーンだけとか普通だったんだけど。

ストーリーはアカオリチョウというものが登場。
百奇繚乱の館とかと似たような感じで、各ルートで色んなフリを1個ずつ回収する感じなのかな。
この各フリをねーちゃんとどう擦り合わせていくのか楽しみである。

以下エンディングのメモ。

No.3:優衣 END
告白を受け入れるか、受け入れないかでエンディング分岐。
受け入れるとこちら。
見た目がタイプなのでえっちシーン楽しみにしてたけどまあアレだったね。
ケツ派は歓喜するゲームなのかもしれない。
ねーちゃんのアドバイスにより犯人の説得成功するパターン。
エンディングロールが上から降ってくるという。
昔それをフリにしてる、とある映画があったけどこれもそうなんかな?

No.4:優衣 BAD END
告白受け入れないとこちら。
ねーちゃんと単独で会うことになり説得の仕方のフラグが立たないので失敗して犯人と一緒に優衣も死亡。
主人公、アカオリチョウの毒で神経やられる。
赤いものを見ることによって優衣の最後の言葉が再生される。
最後は生死の境がわからなくなり死の方が正しく思うようになる。

-関連記事-

・【ネタバレあり】バタフライシーカー END No.1 No.2まで

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。