完結してるマンガで好きなものを集めてみました

たまには変わった形の記事としてマンガの記事を。
個人的に好きだったり、印象に残ってるものでジャンル関係なく集めてみました。
すべて完結しているものなので続きが気になるからコミックは買わないって人にもオススメです。


・監獄学園
自分の中で近年、続きが気になったマンガで思い浮かぶものと聞かれたらこれが真っ先に頭に浮かぶ、そんなマンガ。
表紙とタイトルから想像出来ないが内容はラブコメで、これが本当におもしろく、なおかつストーリーも気になったりした。
評判がいいのでためしに3巻くらいまで買ったんだがその日のうちに続きを全部買いに行ったのはこれがはじめてかも。
終盤はグダってしまったが中盤までは素晴らしいマンガなので気になるなら是非読んでみてほしい。


・ミスミソウ
「ハイスコアガール」などで知られる押切蓮介さんの代表作の1つ。
「ハイスコアガール」を先に読んでいたのでこの人こんなのも書けるのかとびっくりした作品。
上下巻の2冊で完結だが、こちらも「監獄学園」同様ためしに上巻だけ買ってたので読み終わったら即本屋に行って下巻買ってきたほど続きが気になった作品。
仮にレビューで点数つけるとしたら確実に90点以上はつけてるだろうなと思うくらいよく出来ていて、オチも気に入っています。
ADVとしてプレイしてBGMとかついてたらおそらく泣いている可能性も(笑)
こちらも気になるならググったりせずさっさと読んでしまうのがいいかと。


・Another
「十角館の殺人」などで有名な綾辻行人さん原作の作品をマンガ化した作品。
こちらは表紙から想像出来る通りホラーとミステリー。
全4巻と短いながら完璧に仕上がっており、なおかつ泣けたりもするそんな作品。
ググったりするとネタバレくらうかもしれないのでとりあえず気になるならすぐに買って読んでみようとしか言えないが、ミステリー好きなら絶対楽しめると思う。
ちなみに小説、映画、アニメとあるがこのマンガ版が1番楽しめると思うので買うならこれがいいかと。


・ラストイニング-私立彩珠学院高校野球部の逆襲
主人公がプレイヤーでなく、監督という珍しい作品。
悪童だが頭脳派の捕手だった主人公が決して恵まれてはいない選手で1年以内に甲子園を目指すというストーリー。
野球マンガでありがちな「気合い・根性でどうにでもなる」を徹底的に否定した作品で、リアルを追求した試合の展開は素晴らしく、野球経験者でも知らなかった知識があったりと読んでて勉強にもなる作品。
かと思えば顔芸やらコメディ要素もあり笑いもあったりする。
こんな濃ゆい内容や細かいプレイの心理のことをどこで取材してくるんだろうと思えてしょうがない。
これ読んだプロ野球選手ですら何人もそう思ってるらしいからよっぽど迫った内容なのだろうね。


・イビツ
ゴミ箱に佇むロリータファッションの女の子から「妹いる?」と聞かれ、つい「いるけど」と答えてしまったことからはじまる都市伝説的なホラーもの。
マンガということでボイスやBGMはないのになかなかの恐怖を与えてくるマンガ。
誰にでもある日常を舞台にした恐怖で、身近な感じもあり、狂気的な部分も物理的なもので攻めてくるからなのかも。
現代物のホラーが好きな方にオススメ。

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。