【3/30-4/8】今週の横浜DeNAベイスターズ 試合感想

なんか定期的に更新出来るネタはないかと思いテスト的な感じでこれからプロ野球の感想でも書いていこうかなと。
エロゲーマーの方ってそこそこ野球好きいるようですし。
ちなみに管理人が好きな横浜DeNAベイスターズ中心の話になりますがよければ他球団ファンの方も見てくださいね。

-順位表-

順位 チーム 得点 失点 本塁打 盗塁 打率 防御率
1 広島 9 6 3 0 48 35 11 7 .267 3.713
1 ヤクルト 9 6 3 0 56 37 8 9 .284 3.713
3 阪神 8 4 4 0 1.5 27 26 7 0 .249 2.829
4 巨人 9 4 5 0 0.5 38 48 4 5 .272 5.494
5 DeNA 8 3 5 0 0.5 22 29 6 10 .212 3.169
6 中日 9 3 6 0 0.5 30 46 5 8 .252 5.026

解説者たちの開幕前の予想を裏切り、広島がふっちぎることもなく、ヤクルトが奮闘してるという感じなのかな。
各球団計算してた戦力が不調だったり、故障者を出している状態。
それが復調したり戻ってくるなどの伸びしろはあるのでまだどこが突き抜けるか全然わからない。

あくまで他ファンからみた各球団の印象として…

広島
先発が少し厳しめなのかな?
打線は丸を筆頭に相変わらず活発。
DeNAファンとしては土日の試合はリードしてても胃が痛い展開であった。
どっちかの試合で野間に代打出さないのかと思う場面があったがまた緒方が隙あらば野間しているのかな?

ヤクルト
ケガ人多めで戦力的に厳しいはずなのにベンチ裏にある某コーチの恫喝部屋効果か、若手が躍動してますね(笑)
派手な試合多め。

阪神
相変わらず球の速い投手が多くて我が軍の老眼
打線では目が追えず。
メッセンジャーはハマスタならワンチャンあると思ってたがノーチャンだった。
今年も互いのアウェイで躍動することになるんかね。

巨人
まだみてないから詳しくわからないけど菅野、田口が不調らしい。
勝ちパは充実しており、戦力的にはレギュラーが普通にやれば広島と並んで優勝候補かと思うが果たして。

中日
松坂効果でオフは1番話題になった球団になるのかな。
開幕4連敗後は勝ち負けオセロパターンのようで。
我が軍同様先発は若手と新外国人頼みの状態。
投げる方の大野どうしたん?

ではここからは横浜DeNAベイスターズのお話。

-今週の結果-

8試合 3勝5敗

3/30 ● ヤクルト 7-3 DeNA 石田
2011年以来のハマスタ開幕戦。
しかし内容は特にないお寒いものに。

3/31 ● ヤクルト 5-3 DeNA バリオス
4イニング107球でわかる通り、球数多く四球で自滅のバリオス。
ラミレスが珍しく名指しで選手にキレることに。
嶺井はルーキーから5年連続初打席ヒットで10割バッターを達成。

4/1 ◯ ヤクルト 3-1 DeNA 京山
プロ2年目の19歳の京山に色んなものを背負わせる試合になるも、素晴らしいピッチングでプロ初先発初勝利。
暗黒時代にこのレベルの投手でも出てきてたら絶頂射精ものですわ。
しかし暗黒時代ならおそらく中継ぎに勝ち消されてるパターンで結局ずるずる凡Pになってしまうオチだろうね。

4/4 ● 阪神 1-2 DeNA 飯塚
オープン戦から絶好調だった飯塚が調子そのままにいいピッチングをするもムエンゴ。
27個のアウトのうち17個がゴロアウトの打線。鉛玉でも打ってるのだろう。

4/5 ● 阪神 0-2 DeNA 東
プロ初先発の東が7回9奪三振1失点の好投。
なお

4/6 ● DeNA 3-7 広島 石田
開幕戦に続き石田はまたもぐだぐだピッチング。
球は走ってて、追い込むまではエースの投球。
勝負球がことごとく甘く入るのはかつての高崎、コバフトのよう。
2年前の安定感抜群の石田はどこへ行った。

4/7 ◯ DeNA 4-2 広島 バリオス
予告先発みたら100%負けしか予想しない試合だが運良く勝利。
先発バリオスの好投もあったがそれ以上に井納と砂田が救った形。
パットンはマツダのマウンドが合わない可能性も。

4/8 ◯ DeNA 5-3 広島 京山
先週に続き京山が好投で2勝目。
コントロールで崩れるタイプではなさそうなのは素晴らしい。
とりあえず夏場までローテ守ってくれれば十分。
あと筒香お目覚め。

-今週の感想-
開幕直前は投手が心配と言われるも開幕してみたら打線の方がよっぽどまずかった件。
開幕直後にまったく打てないのはもうチームカラーとして諦めるしかないのかもね。

投手は未知数だった京山、東、飯塚が揃っていい投球。
特に東は一本釣り出来たのが奇跡なくらいのボールの質。
サンキュー清宮。
毎年ドラフトで獲ってる左腕の中でサイズが1番小さいのに1年目での完成度は1番高い。

飯塚も昨年より球速とコントロールがワンランク上がっておりびっくり。
去年までなら球見る限り、飯塚より綾部の方が期待値高かったが半年でこうも変わるもんなんだね。

打線は神里が開幕3試合目で1番に定着。
今のところ5/5の100%の盗塁成功率。
我が軍伝統の足は速いけど盗塁技術う◯この選手ではなかった模様。
打撃もコースや左右で大きく苦手にしてるところはなさそう。
おそらく速いまっすぐと落ちるボールには弱いタイプ。
バレるまで打ちまくってほしい限り。

他は昨年と変わらずクリーンナップと心中の形。
たまに倉本→神里の流れで点はとってたものの、基本ここが働かない限りほぼ点はとれない。
筒香が調子上げてきたと信じたい。

思ったこと書いていったがこんな感じの記事でいいのかな?
PV数多ければ続けていこうかなと。

ではまた来週。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。