ヤンデレなお姉ちゃんに愛し尽される監禁生活 レビュー

タイトル ヤンデレなお姉ちゃんに愛し尽される監禁生活
メーカー Norn
発売日 2018/03/16
総プレイ時間 1~3時間
シナリオ 75
音楽 83
グラフィック 84
総評 80

選択肢のない1本道の読み物となっています。
基本的にエロシーンのためのパート構成になっており、合間の日常シーンもムダがなくテンポもいいので読みやすい作りになっています。

気になったのは主人公に名前がなく、一貫してヒロインのお姉ちゃんが主人公を「弟くん」と呼ぶこと。
主人公=プレイヤーということを意識してのことだと思うが、結構な頻度でこの呼び方をしてくるので違和感が半端ない。
こうなるなら名前だけ変えれるようにするか、普通に名前があった方がよかったかもしれない。

シーン数は全部で12。
開始5〜10分程ですぐ入り、後はほぼエロシーンと、この手のゲームではよくあるパターン。
愛し尽くされるということで基本はお姉ちゃんリードの甘やかしえっち。
おっぱいに顔面を押し付けられるのが多めで、個人的には好きなタイプのものなのでこの辺はよかったです。
ヤンデレお姉ちゃんという特徴も出ているシーンがあり、ほぼタイトル通りのシチュエーションが楽しめるかと思います。


ボイスはヒロインのみフルボイス。
ただテキスト読み進めてるのに前のボイスが止まらないアレが設定されており、変更も出来ないため、うっとうしくてしょうがなかった。

BGMは音の厚みがないせいか安っぽく聞こえるが、メロディは中々の出来のものもあったり。
特に授乳手コキシーンのBGMは音に厚みがあればシナリオゲーの感動シーンを引き立ててくれそうなレベルのいいメロディ。


大きく崩れてるものもなく問題はないかと。
ただテキストとCGが合っていないところもあったりしました。


束縛・依存のヤンデレゲー。
ヤンデレということで流血など狂気的なものも想像するかと思いますがそういったシーンは一切ないのでご安心を。
家族構成など説明不足でガバガバな部分はあれど、えっちなヤンデレゲーとしてみればいい出来だと思います。
またお姉ちゃんの甘やかし方と、おっぱいが目立つシーン多めと個人的にツボのものが多く楽しめました。
姉ゲーとしてみてもなかなか楽しめるかと思います。

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。