再プレイしようと思ってるエロゲ

10年前にコンプしたエロゲでレビューのために再プレイしようかなと思っているエロゲです。
当時自分の中では評価の高かった5作ですが、今プレイするとどう思うのかわからないんで気になってたりはします。


・家族計画〜絆箱〜(D.O.)
何作やろうがこれを超えるエロゲはもう出会えないんじゃないだろうかと思わせる、そんな作品。
笑い、泣きどちらも100点満点の出来でプレイ中楽しくて、時間があっという間に過ぎていく感覚になったりしました。


このノリが合うなら未プレイの方も楽しめるかと。
そんな作品を今プレイしたらどう思うのか気になったりもします。
何かの記念や時期が合ったりしたらプレイしようかなと。


・Dear My Friend(light)
作中バレンタインが絡んだりして時期的にちょうど今プレイするのにぴったりの作品。
「男女の友情は成立しない」がテーマでヒロインによっては重めのストーリーが待ち受けています。
メインヒロインの麻衣を演じるかわしまりのさんの声はこの作品ではじめて聞いたので、今の声のイメージがなんか違和感あったり。


ムービーの最初の声である。


・もしも明日が晴れならば(ぱれっと)
「Dear My Friend」のNYAON氏、くすくす氏による新作という位置づけで当時発売日に買ってプレイしたの覚えてる。
メインヒロインが最初から死んじゃってるという設定。
正直言うと良かった印象はあるが各ヒロインどんなオチだったか全く覚えてなかったり(笑)
当時では珍しく立ち絵に後ろ姿もあって丁寧だなーとかそんなことを思ってたのは覚えているんだが。
あと章ごとにアニメのような予告があったりとか細かいこだわりがあったな。


くすくす氏のグラフィックは当時から頭一つ抜けており、今見てもそんなに古臭い感じがしない。
時代を先取りしてたのかもね。


・僕はキミだけを見つめる 外伝 サーベルタイガー編(れいんどっぐ)
今じゃインレというメーカーになってるがその前の同人時代、れいんどっぐというサークルで発売された作品。
インレでリメイクされたが、れいんどっぐのデビュー作として出した「僕はキミだけを見つめる」の外伝として、主人公の過去の話。
外伝だがきちんと1つの作品として仕上がっており、普通にその辺のシナリオゲーよりしっかりしていたのは覚えてる。
インレは忠臣蔵シリーズばっかやってないでこの手のアングラ作品出してほしいと願っております。


・車輪の国、悠久の少年少女(あかべぇそふとつぅ)
こちらは「車輪の国、向日葵の少女」の外伝的な作品。
3月に「車輪の国、向日葵の少女」のクオリティパッケージが出るんで再プレイしようと思ってるんだが、それが終わったらこちらも再プレイしてみるのもいいかも。
とっつぁんの過去とヒロイン達のその後を描いたものなので外伝って言うよりファンディスクと言っていいのかな?
とっつぁん編はすぐプレイしてコンプしたがヒロイン編は中途半端にしかプレイしてないのでコンプしてみる価値はあるかと。

-関連記事-

・個人的に参考にならないレビューのワード

・昔のHDD漁ってたらインスコしたエロゲが何個もあり懐かしい気持ちに

・グラフィックの点数をつける意味がない気がしてきた

・掃除してたら「車輪の国、向日葵の少女」の予約特典やらが出てきた

・2017年発売のエロゲで1番多かったヒロインのおっぱいサイズ調べてみた

・駿河屋で買取価格の高いエロゲを調べてみた

・ドラクエ1でローラ姫と町の娘との3Pは可能なのか調べてみた

・私的伝説のクソゲー「Angel Egg」

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。