調子に乗ってるレイヤーでオタサーの姫を教師の俺が騙してハメ撮りしてみた レビュー

タイトル 調子に乗ってるレイヤーでオタサーの姫を教師の俺が騙してハメ撮りしてみた
メーカー ぱちぱちそふと黒
発売日 2018/01/26
総プレイ時間 2~4時間
シナリオ 66
音楽 60
グラフィック 85
総評 72

ストーリーは1本道で、選択肢により2つのエンディング分岐という形になっています。
プレイ時間は初回が2〜3時間で、2周目が30〜1時間程。

開始直後からエロシーンがはじまり、作中の7割くらいはエロシーンと、この手の作品ではよくある形。
ストーリーは良くもなく、悪くもなくという感じ。
良く言えば王道、悪く言えば意外性がないというか。
あくまでエロ目的の作品なのでそんなに重要ではないけど。

エロシーンは18シーン。
基本は制服でのプレイに、レイヤーということでコスプレでのシーンが少々あるが、あんまりレイヤーということを活かしたシーンはないかも。
どちらかと言うと脅して無理矢理ということの方が強め。
よくある『「おち◯ぽほしい」と言え』とか言わせるアレ系がメイン。
タイトルにある「ハメ撮り」は何ヶ所かあるが自分はそこに性欲を覚えるハイレベルな人ではないので使えるかどうかはわからないです。
発射選択はなく、挿入シーンはほぼ中となっています。


ボイスはヒロインのみフルボイス。
BGMは鑑賞モードもなく、印象に残ったのはないですね。
あまり褒められるところはない。


立ち絵の基本は揃っており、CGになっても安定しているので問題ないかと。


ところでタイトルの「オタサーの姫」どこいってん?
タイトルがラノベのような長さだが、ヒロインが調子に乗ってる感もそんなになければ、オタサーの姫でもなくタイトル詐欺ではあるのかも。
オススメするとしたら、黒髪ロングの巨乳好きで、ヒロインに隠語言わせたい人限定になるのかな。
この設定で要望があるとしたらオタサーの姫ということで、ヒロインにもう少し高嶺の花感や腹黒感を出してほしかったということ。

ゲームレビュー一覧へ

↓(以下ネタバレ感想)↓



パッケージに「僕なら君を守ってあげられる」って書いてあるんだから主人公はもっと妄想癖のイカれた感を強くするとよかったのかも。
序盤の方は、変に妄想抱くところがあり、その手の主人公っぽくていいと思ったら中盤以降、中途半端な策略家になって変人感が全くなかったんでね。

また細かいこと気にすると、レイプ魔の方のち◯この形状はまあギリOKとして、やっぱ歯型とか体臭や口臭やらの臭いでバレる気もするけどなー。
人ってそれぞれ服の洗剤とかの影響で、この人はこの匂いってイメージがつくことない?
俺は人の口臭や体臭やらに敏感に反応して、露骨にリアクションとってまうタイプなんで気にしすぎなのかもしれんが。

バッドエンドの、形の上では助けたってことになってるのにすぐに恩を忘れて他の男になびく辺りはリアルな女っぽくてよかった。
すべての女がそうとは言わんが、あいつらの興味がなくなったときや、自分に有利な状況になった時の手の平返しはほんま凄まじい。
誰かが言った「自分のしてあげたことはいつまでも覚えてるくせに、他人にしてもらったことはすぐ忘れるのが女」とはほんま名言。

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。