見鏡澄香の制服活動 レビュー

タイトル 見鏡澄香の制服活動
メーカー プレカノ
発売日 2018/01/26
総プレイ時間 2~4時間
シナリオ 52
音楽 60
グラフィック 87
総評 50

選択肢はなく、完全な1本道の読み物です。

あらすじと価格をみるとお手軽なイチャラブゲーか抜きゲーと思ったがやってることはシナリオゲーの部類。
しかしシナリオゲーとしてみればとても褒められた出来ではなかった。
プレイ中に知ったんだがこれ書いた人「Re:LieF〜親愛なるあなたへ〜」と同じ人だったんだね。
テキストの「ああ〜なんだ」の多様をみてもしやと思ったら案の定であった。
開始5分でテキスト合わないなと思ってたけど納得してしまったわ。
テキストについていちいちどこがどうとか書くと長くなるんで書かないが、あれがそのままあるよということ。


ボイスはヒロインのみ。
BGMはプレイ時間が短い影響もあるが耳に残ったものが全くない。


こちらは綺麗で安定していて問題ないかと。


Re:LieF〜親愛なるあなたへ〜(short var.)
感情の神経、ママのお腹に置いて生まれてきたんかと思わされる起伏のないボソボソセリフ主人公にヒロインとのGoogle翻訳で訳したような淡泊なセリフでの会話。
嘘くさいクラスメイトのリアクションに無駄に長いだけの垂れ流し描写と「ああ〜なんだ」の多様で固められたテキスト。
なんら技術や手法が変わってない世界観が楽しめますよ。
あの作品をなんたらアワードのシナリオ部門金賞に相応しいと思えた人ならどハマりするんじゃないですかね。

ぼくにはむずかしすぎてりかいできませんでした。

ゲームレビュー一覧へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。