【ネタバレあり】グリザイアの果実 1人目 周防天音 終了

一言感想:名作言われるだけあった

グリザイアの果実、15時間プレイで1人目、周防天音終了。
おっぱいに釣られて天音からプレイすることに。
巨乳は正義、貧乳は罪、はっきりわかんだね。

ちょっと前に行っていた「プレイした方がいい旧作エロゲ」のアンケートで2位だったこの作品。
1位のWHITE ALBUM2は2月の新作プレイするということで2位のこちらの作品をプレイすることに。
結論から言わせてもらうと名作言われるだけのことはたしかにあった。

サブキャラ含め地味に声優陣が豪華だね。
名前変えてるけどみちるなんて声聞いただけであの人とわかる声(笑)
一色ヒカルさんもいるし、古参エロゲーマーには嬉しい人選。

開始から10時間くらいはずっと日常パートで構成されており、何ゲーかわからん状態に。
こういう何ゲーかわからんようなのってたまにあるけど、どういう目線でみたらいいのかわかんなくてプレイ中、何かよくわからない気持ち悪さはあったかな。
この作品は違うけど、何ゲーかわからんのって世界観に訳ありや過去に何かあったようなくだりを小出しに同じようなパターンで散らすくせに、肝心の部分はまったくみせないでだらだら引っ張り続けることが多い。
これやってくるライターってテキストがクソほどもおもしろくないのが多いからなお質が悪い。
あれドラクエの洞窟理論と似たようなもんで後ろ髪ひかれるようになってものすごいプレイしてて気持ち悪いしイライラするんよ。

テキストは細かい技術を使っていて素晴らしい出来。
テキストだけでなく視覚と聴覚でも笑わせに来たり、立ち絵や背景の使い方もきちんとこだわっていて退屈させないようにしてある。
1つ1つの笑いに爆発力はないが小笑いの手数で勝負出来ていて、ひとつのパートで起承転結をつけるから飽きないし眠くもならない。
オチをきっちりつけたパートをその後に別のパートのフリにもしており、本当に丁寧で感心した。

ストーリーは前半と後半ではまったく別のものに。
ラスト1/3は急にシリアスが。
テキストは褒めたけど全体の構成でみると長いしムダなところもあるのかな。
バスが転落した後のくだりは特に長く感じて所々飛ばしてもうた。
前半部分もテキストはおもしろいからいいんどけどいらない日常もあり、もう少しまとめてほしかったとは思う。
しかしオチはハッピーもバッドもどっちも好き。
一姫の手紙をバッドに持ってきてるのもね。
ハッピーのおまもりはええ話なのに毛で台無し(笑)
フリがきいてらっしゃる。

本筋から多分外れてるのにこのくらいの出来のものみせられると本筋のストーリーの期待値は高まるよね。
それともこのルートが1番の出来なんかな?
なんにせよ他のルートも楽しみにしとります。

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。