2017年にプレイしたエロゲを振り返る4

-前回記事-

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 3

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 2

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 1

今年最後の振り返りです。

まあまあの数プレイしてたんやね。

23.あまエロ〜童貞君を優しくエスコート〜(INTERHEART glossy)【ギブアップ】 レビュー
きっちりと規則正しく、4人のヒロインとの抑揚のない会話パートのローテーションで眠気を強烈に誘ってくれた作品。
1人目終了でギブ。
セリフがつまらない、童貞卒業までが長い、謎の筋トレ推しと何がしたかったのか理解出来かった。


24.時をかかる処女〜破瓜永久連鎖〜(わるきゅ~れ) レビュー
あの映画のパロディ作品と思いきや、タイトル拝借しただけの作品。
普通なら期待を裏切られたと思ってマイナスな印象を持つが、意外とストーリーもしっかりしており楽しめた。
抜けることはないだろうけどプレイ中のバカバカしさは素晴らしく、まさに愛すべきバカゲ―。


25.セヴンデイズ あなたとすごす七日間(LIFE 0)【ギブアップ】 レビュー
詳しくはレビューみてもらえばいいが、Steamのシステムが理由でギブアップした作品。
なぜか途中から音が出なくなった。
ストーリーも一部だけみれば光るところはあるが基本間延びして退屈なことが多い。
もっと楽しめていれば音出ない原因とか調べてプレイしようと思うんだろうけどね。
何にせよネット認証ゲーはろくなことないわ。


26.天使のいない12月(Leaf)【再プレイ】 レビュー
昨年12月に時期合わせて、レビューのために再プレイしようと思ったら所持していたのがCD版の方で、Windows10ではプレイ出来ず今年まで持ち越しに。
DVD版を買って今年ようやくプレイ。
今時珍しいヒロインにも暴言を吐く主人公や逆に主人公に暴言を吐いてくる妹がいるゲーム。
しかし暴言でもワードセンスなども所々あり、何より正論なので不愉快にならず、おもろいから個人的には好き。
あと音楽も素晴らしく、半分くらいはこの音楽の力の作品でもあるかも。


27.夜巡る、ボクらの迷子教室(SAMOYED SMILE) レビュー
読ませたいのか、わいわいきゃっきゃがしたいのか、アニメーションによるエロに力入れたのか、ただBUMPに関連することだけ詰め込みたかったのか。
すべてのことに中途半端に手を出して、結局何を売りにしたかったのか理解出来なかった作品。
というかゲーム作りの理論をすべて無視して、ただただスタッフが好きなことだけを詰め込んだオナニー的な作品に感じたのかな。
しかしレビュー書いたあとに、エロシーンのアニメーションをみせてもらうことがあったんだが、ぬめぬめ動いており、エロかった。
しょうもないシナリオゲーなんか作らないでエロ全振りのもの作った方がいいんじゃないかな。


28.円交少女2-JKアイドル真鈴の場合-(Frill) レビュー
絵がかわいく、エッチなので抜きに使える作品かと。
意外とシナリオもしっかりしており、シナリオゲーとして見てもそこそこ楽しめたりもします。
テンポも良く、短いながらすべてにバランスが良いので個人的にはオススメの作品。


29.アオイトリ(Purple software) レビュー
前作「アマツツミ」は日常シーンのだらだらした感じに半分グロッキー状態にさせられたが今作はその悪い部分がだいぶ改善されており楽しめました。
また音楽、グラフィック、演出はいつものパープルの安定感で素晴らしい出来。
よっぽど変な設定でもない限り次回作も買うかと思います。


30.Suite Life(Chelseasoft) レビュー
最後の最後にクソゲーを摑まされたね。
短い分、コンプ出来たがもうちょっと長ければギブアップしてたであろう作品。
真面目に褒める所がなく、誰向けに勧めればいいのかもわからない。

-関連記事-

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 3

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 2

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 1

・2016年にプレイしたエロゲを振り返る

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。