2017年にプレイしたエロゲを振り返る 3

-前回記事-

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 2
・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 1

前回記事と同じように振り返っていきます。

今回は夏場にプレイしたもの。

15.タンテイセブン(Digital Cute)【ギブアップ】 レビュー

発言と心意気は日本のレジェンドクリエーター級。
シナリオ、システム合わせて今年プレイした中でNo.1のクソゲー。
今さら語る必要のないゴミ。
よくこんなもん世にお披露目なされたな、金返せ。


16.春音アリスグラム(NanaWind)【ギブアップ】 レビュー

クラスメイトF「くおぉぉぉ、ふっふっ、ふあ〜あぁ(文字におこした叫び)」


17.身代り淫交生活〜援交してた親友を守るため、外道教師のいいなりになる優等生“映舞”(ぱちぱちそふと黒) レビュー
抜きゲーと思ったらシナリオもそこそこ力入れてた作品。
基本的に抜きゲーって思ってるとハードルが下がりまくってるからそこそこのもんで仕上げてくると評価が良くなってしまう。
映舞もかわいかった。
個人的に常に敬語使ってくるヒロインが好きなのかもと気付かせてくれた作品。


18.ゴールデンアワー(NIKO) レビュー
プレイ前の期待値はかなり高かったんでプレイした後はがっかりでしたわ。
「イケメンってすげー!」としか言いようがない。

言っていいのかわからんけど、ここのメーカーさんってヒロインの髪型変えただけで、同じ顔と同じ構図のエロシーンにシナリオのシチュエーション変えて量産してるだけだよね。
音楽で言う、ちょっと前にavexがよくやってたEXILEや浜崎あゆみのベスト盤商法に近い汚さを感じる。
ヒロインは1人の女の子としてみると非常にかわいいんだし背景や立ち絵のパターンも手を抜かないでもっと丁寧に作ればいいのに。
発売するペースが早すぎるってのもあるか。


19.百奇繚乱の館(アストロノーツ・シリウス) レビュー
サントラはよ。
BGMの出来は今までプレイしたエロゲでもトップクラスに好き。
音楽について詳しく知らないんでちゃんと言えないがコンシューマーのゲームというか、音が綺麗でエロゲの曲のレベルではないって感じ。
レビューでも書いたがドラクエのBGMって言っても通用しそうな。
ゆえにシナリオが序盤から中盤までの出来は素晴らしかったのに、終盤になるにつれ尻すぼみだったのは残念。
完全にクロノボックスと逆のパターン。


20.手垢塗れの堕天使(あかべぇそふとすりぃ) レビュー
基本1週して終わりのゲームだが2週目以降、各キャラの心の声を聞くことが出来る副音声システムがあり1週目とは違った見方が出来るゲームとして新鮮で楽しめました。
エロスケでやけに評価が低いのはこの副音声システムのせいかもしれんが。
言えるのはエロゲーマーってやっぱハート弱い人多いんかな。


21.祝姫-祀-(日本一ソフトウェア) レビュー
いい意味でも悪い意味でも竜騎士07って作品。
このゲームは悪い方が強めに出てるが。
かまいたちの夜の追加ルートはよかったのに残念。
この絵師さんの絵はかわいいのでエロゲでみてみたい。


22.歪んだ嘘の恋とレッテル(studioオルカ) レビュー
「嘘」がテーマということだが、そもそも世界観と登場キャラやセリフ、周りのリアクションが嘘くさいのでその辺がフリとして効いていなく薄味の仕上がりに。
OP曲はバブル臭くてなんかクセになる曲(笑)

-関連記事-

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 2

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 1

・2016年にプレイしたエロゲを振り返る

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。