駿河屋で買取価格が高いエロゲを調べてみた

駿河屋ってエロゲ関連でも結構利用するんですが、最近気になってこんなことを調べてみました。
それは、エロゲの買取価格が高いものはなんなのか?
エロゲーマーなら単純に気になりませんか?
決してネタがなく苦しいから書いてるのではないよ。

ということで、今回は駿河屋に在庫がないと商品が表示されないので買取価格で調べてみることに。

まず商品名をひっかかりやすいようにワードを「Windows」で検索。
こうすることによってジャンルがWindowsのゲームで登録されてるのでほぼすべてのエロゲが検索条件に入ります。
そしてさらに細かく種類を「PCソフト」、そして「アダルト表示ON」で高値の順に検索結果を並べるという形で調べてみました。

そして結果…

なんですが、5位から表示しようかと思ったけど3作品が3位で並んだので今回はトップ3で書きますね。

ちなみに3位の買取価格は20,000円。

では同率3位、まず1本目がこちら。


・僕らのいきなり 同棲計画!(回収版)

うーむ…(笑)
プレミア価格の理由はなんと普通に上の画像の権利者からツッコミが入ったからだとか。

普通ならこんなの延期で済む話なんだが、これが発売日2日前のことだったそうで、もう流通してる状態でフラゲした人に出回った分もあるらしく、そのため回収版がプレミア価格になってるとか。


ちなみに後に再販版とて販売されましたが、キャラの髪の毛の色変えただけ(笑)

買取価格は200円…
「高低差ありすぎて耳キーンなるわ」ってこういう時に使うんでしょう。

続いて2本目


・海からくるもの
2003年発売の作品。
ストーリーがよく、隠れた名作扱いでダウソ販売もないためにこの価格と、王道のプレミア化パターン。
販売当初から何年間はそんなに高騰もしてなかったが徐々に上がっていったということで。
ちょっとプレイしてみたい。

そして3本目


・Fate/stay night+hollow ataraxiaセット
ちなみにわい、これプレミア化すると思って今年の3月くらいに買って、もっていたが5月くらいに買取価格が上回ったんで売ってしもうたorz
まさかここまで値上がるとは…
2014年にFate10周年記念として1年間のみ発売された限定の商品だそうで。
最近映画化もされ、それが3部作構成なのでこれからも話題になり欲しい人も増えるため、まだまだ値上がる可能性はある。
もしお近くのエロゲショップで発見したら確保しておくのもありの作品かと。

さて第2位の発表。

買取価格は25,000円。
それがこれだ。


・ジサツのための101の方法
2001年に発売され、一時期買取価格30,000円超えもしており、プレミアエロゲとしては有名な作品。
俗に言う「電波系」のエロゲで、一部に絶大な支持を集めており、メーカーも潰れているためプレミア化。
エロゲ全般に言えることだが特殊な世界観、特殊な性癖、コミケのみの販売のエロゲは高めの買取価格になることが多かったりします。

そして、お待たせ。
第1位。
それがこちら…


 ・書淫、或いは失われた夢の物語。
買取価格はなんと…

100,000円。

2000年発売の作品で、これもプレミアエロゲとしては非常に有名。
シナリオの良さ、構成、そして最後までプレイしないと意味のない作品と聞いていますが、プレイしたことはないんで細かいことはわかりません。
ただこういう風に言われてたり、ストーリーみるとおもしろそうなのでプレイしてみたい。
金持ちになれたらプレイしようか。

以上が結果でした。

エロゲは価格の上げ下げが激しく、そして動きが早いため何がプレミア化するのかわかんないもんです。
後々プレイしたくても売ってしまって買えなくなることがあったら困るので、やはり気に入った作品は売らない方がいいかもしれませんね。

-関連記事-

・私的伝説のクソゲー「Angel Egg」

・ミステリー、サスペンスなエロゲたち

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 2

・2017年にプレイしたエロゲを振り返る 1

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。