眠れぬ羊と孤独な狼 体験版 感想

買おうか迷ってた「眠れぬ羊と孤独な狼」の体験版プレイしたので感想を。

一言で言えばかなりおもろかった。
2時間程のボリュームなんだがインスコしてそのままぶっ続けでプレイしてしまった。

舞台は歌舞伎町で、殺し屋、ヤクザ、悪徳警官と王道のアングラストーリー。
そこに今後、超能力とかが少し加わってくるのかな。

テキストの6〜7割くらいは心理描写で、どちらかと言えばノベル寄りのゲームだが非常に読ませる出来。
テンポも良く、世界観もエロゲっぽくなく、嘘くさいリアクションなどもないのは素晴らしい。
ヒロインとのエロシーンを目指すのではなく、ストーリー上でエロシーンが必要だからエロゲで出してる感。
というか登場キャラほぼおっさんでエロゲ感もあんまりないんだが(笑)
おっさんばっかだが各キャラに一癖持たせるやり方もしており、使い方次第でかなりおもしろくなりそう。
ストーリーに関しては期待しかない。

ちなみに体験版でのエロシーンは3つあります。

システム面はマイナス面が多め。
まず設定画面の字がかなり小さい。
老眼なら確実に見えんと思うレベル。

またグロシーンカットやら設定出来ることが多すぎて逆にめんどくさくなりそうなタイプ。
体験版には入ってなかった(OFFにしてたからなかったのかも)がスカトロの表現ありなしもあるからおそらく作中どっかしらで出てくるのだろう。
これは見たくないんでOFFにさせてもらえるのはありがたいが。

また主人公にボイスがあったりする珍しいタイプ。
こちらもON/OFF可能なのでお好みで。

というわけで予約したんで、購入確定してる「Suite Life」と共に年末楽しもうかと。
どうか体験版がピークだったなんてことになりませんように。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。