2017年にプレイしたエロゲを振り返る 1

12月ということでそろそろ今年プレイしたエロゲを振り返っていこうかなと。
長くなるので何記事かに分けての形ということで。
けっして記事数稼ぎのためではない。


1.シンソウノイズ〜受信探偵の事件簿〜(Azurite) レビュー
昨年の年末より年またぎでプレイした作品。
この作品はオチ以外は文句もない良作でした。

ただDMM、テメーはダメだ。
月1くらいで起動させるがその度にDMMアプリのアプデインスコさせられ、抜く気になったチ◯コを萎えさせてくる。
発売早々に割られたらしいし、中古には流せないし、おまけに何回目かのインスコでセーブデータは消えるわ、ほんまクソとしかいいようがないですわ。
DMM側のメンテナンスがあって好きな時にプレイ出来ないってのもあったな。
無料ソシャゲならともかく、1万近く払ってるのにいつでも出来ないとかどういうことだ。
いいゲームが出てもDMMなら2度と買わないと決意しましたわ。


2.Liber_7 永劫の終わりを待つ君へ(Lass)【ギブアップ】 レビュー
現在新品が620円で売られているというとんでもない惨劇の作品。
3日間の繰り返しというこのメーカーの過去作3daysの設定を取り入れる勝負をしてきたが見事にこけてしまった。
おまけに会社も倒産とか笑えない…
elfとかもそうだけど自分がエロゲプレイしはじめた頃からある老舗が潰れるのはやっぱり寂しいし厳しい業界なんだなと思わされる。


3.人気声優のつくりかた(MintCUBE) レビュー
公式みてヒロインの小夏がどストライクの見た目だから、それだけの理由で買った作品。
プレイ時間も短く、ラブコメとしてみれば楽しめる作品でした。
あと攻略対象ヒロインみんな巨乳というのもグッド。
貧乳は女にあらず、はっきりわかんだね。


4.神様のゲーム-監禁された6人の男女-(XUSE) レビュー

顔芸顔芸アンド顔芸。


5.スイセイギンカ(暁WORKS) レビュー
ただただつまらない、ひたすらつまらない。
本当にこの言葉だけですんでしまう作品。
公式のストーリーみるとサスペンスと思うでしょ?
でも実はね…


6.かまいたちの夜 輪廻彩声(5pb.) レビュー
スーファミ版はプレイしたことあったのでストーリー知らないでやりたかったなと思わせてくれた作品。
賛否両論というか否の方がもしかしたら多かったかもしれないこのリメイクだが個人的にはギャルゲミステリーとしてスーファミ版とは違った良さが出ていてありだと思えた。
有葉さんの絵は好きなのでまたエロゲで描いてほしい限り。


7.働くオタクの恋愛事情(あかべぇそふとすりぃ) レビュー
刺激はないがつまらなくもないそんな印象の作品。
お手軽エロゲって言葉があてはまるのかな?
本当気楽にエロゲしたいって人にはかなり向いてる作品かと。


8.オフィスで誘うエッチな彼女(PULLTOP LATTE) レビュー
すべてにおいて薄味って言葉が頭に浮かぶ作品だったかと。
中途半端にシナリオに力を入れようとしたり、かと思えばヤケクソ気味なエロシーンをねじ込んで手数打とうとしたり、一通りの3P用意したりとか。
最近のエロゲによく思うことだが、自分たちが決めたタイトルとあらすじをよくみてみよう。
それをみて買う人は何を期待してるんか考えてるか?

-関連記事-

・2016年にプレイしたエロゲを振り返る

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。