時をかける処女〜破瓜永久連鎖〜 レビュー

タイトル 時をかける少女~破瓜永久連鎖~
メーカー わるきゅ~れ
発売日 2012/07/20
総プレイ時間 3~6時間
シナリオ 82
音楽 65
グラフィック 69
総評 82

選択肢による分岐で、一部のエンドにロックがかかっている仕様です。
少々ややこしいので攻略サイトみた方がいいかも。
プレイ時間は1週目が1〜2時間で2週目以降10〜30分です。

全体的な感想は予想を遥かに上回るシナリオの出来でびっくりしました。
立ち絵や背景の陳腐さからプレイ当初はタイトルで出オチの作品かと思ったが、プレイしてて段々続きが気になるようになっていきました。
タイトルとあらすじからみるとただのバカゲーにしか思えないが、きちんとストーリーがオチから考えられており、1つの作品として仕上がっています。
かと思えばきちんとバカゲーらしく笑わせてくれるところもあり、ここも素晴らしいところ。
ボケにきてるというよりマンガの監獄学園のようなマジメにバカやってる感の笑い。
個人的にはこれがこの作風にあっていて素晴らしいと思えた。

難癖つけるならエロシーンか。
他のエロゲでもたまにみる精液かけられて熱湯風呂リアクションのやつ。
あのリアクションで興奮する奴いるんか?


ボイスは女性キャラのみあり。
メインヒロインはヒマリさんが担当してるが悠奈の「きゃあああああ」の声は文字にすると「きゃあああああ(棒読み)」となりそうな感じに聞こえるがこれも作風に合わせてわざとやってるのかな?
BGMはメロディはいいのがあったりするが音が安っぽいところが残念。
SEもこれまたた他のエロゲでたまにみる発射音が「ブリュリュリュ」のゲリ音タイプのやつで、すべてがなんか安っぽい。


5年前の作品だが全体的に10年も前のエロゲのような感じで決して褒められるレベルではない。
背景なんか完全に同人レベル。
学校の背景の蛍光灯は昭和感半端ない。
ってかあんなぶら下がり式の蛍光灯みたことないがあったりするんか?(笑)
かと思えば悠奈の部屋の窓は反射してるところも描いてあったり、1回しか使わないような立ち絵もあったり謎の丁寧さ。


愛すべきバカゲー。
シナリオの項目でも書いたがマジメにバカやってる作風がはまってる作品。
タイムリープ物は数あれど本人が下半身のことでタイムリープにしがみついてるなんてはじめてみたからおもしろかったのかも。
言うならば設定がボケになってるおもしろさ。
かと思えばシナリオのオチがちゃんとしてあり、タイトルだけの出オチにしないで1つの作品として仕上げてたりしっかりしてる所も。

逆にエッチなゲームとして求めると評価は下がるのかな。
ちなみに「時をかける少女」要素はほとんどないので別に事前にみてなくても楽しめます。
個人的にはこれのパロディゲーとして求めていたけどそうじゃないものが出てきて、いつもならつまらなく感じるものだが、その求めていないものがおもしろかったから良いと思えた。
こんなの風に思うのは本当珍しい。

ゲームレビュー一覧へ

↓(以下ネタバレ感想)↓


タイムワープ2回目以降の処女膜の雑な確認っぷりよ(笑)
これもそうだが随所に下半身のことにクソ真面目に向き合って振り回されてる人らというのがおもしろかった。
またキャラが100ボケてるのでなく、50くらいのもしかしたらマジで言ってるのかもと思わせるようなボケとワードのセンスも絶妙でおもしろかったのかな。
お気に入りフレーズは「膣内をすぐに洗おう!コーラで洗えば、大丈夫だから……ッ!!」
兄が妹レイプされたの発見したところにクソしょーもない都市伝説ぶっ込まれて笑った(笑)
静樹くんEDからの「勃ち治って」もそうだが予想してないところでボケが入るのもおもしろかったのかも。
あと
「や、やっぱり、フニャチンだ……!」
「うわあああぁッ!?当たり前だろーッ!?」
ここもなんかテンポと勢いがお気に入り(笑)

ストーリーのオチは最初のレイプで処女と気付いてる時点でレイプ魔が未来人設定は予想つくが世紀末エンドやらのそれまでのバカなエンドで十分楽しませてもらった。
この短いしょーもないエンドにもザコの立ち絵を用意するメーカーは素晴らしい(笑)

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。