スーパーファミコンミニ買ってきたので大きさなど比べてみた

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンを買ってきましたよ。

正直ソフトはレトロフリークに入ってるのばっかなんであんまり意味ないんだけどレトロゲーム好きとしてはコレクションのために買ってきました。

いいネタなんで記事にしてみました。

まず箱の大きさ

去年発売されたファミコンミニの物とまったく同じ大きさ。

では開封。

なんでもそうだけど新品のものをいじるときはテンション上がるね。

処女厨は理解出来んけど。

次に大きさなど。

ファミコンミニと大きさ比較。

箱と同じで本体もほぼ同じ大きさ、同じ軽さ。

せっかくなんで他にも色んなもので大きさ比較。

スーパーファミコンとの比較。

こうみるとだいぶ大きさは違うね。

この真ん中の黄ばみ部分が歴史を感じさせる。

この黄ばみの部分を綺麗にする記事とか昔みたけど新品みたいにしててびっくりしたの思い出した。

多分ググれば出てくるんで気になる人は調べてみてね。

3DSLLやPS4コントローラーともだいたい同じ大きさ。

重さで言えば3DSLLの方が重いくらい。

次にコントローラー。

左がスーパーファミコンのもので右がミニの方。

先端がwiiのホリコンやヌンチャクと同じコの字形式になってるだけでコントローラーも同じ大きさ。

ここはファミコンミニの時と違う仕様。

コントローラーが取り外せるので大きさも変えたのかも。

まだ「ロックマンX」しかプレイしてませんが感触は、十字やボタンがスーパーファミコンのコントローラーと比べて固めでちょっと操作しづらいのかな。

気にならない人は気にならないくらいのレベルかと思いますが。

ちなみに差し込み口がコの字形式なんでスーパーファミコンの時のコントローラー差し込み口はガラケーの充電部分のようにパカっと開いて中に隠れてる仕様。

こんな感じのセッティング。

アダプタはファミコンミニのも使いまわし可能です。

そしてある意味の目玉ソフト。

未発売になってた「スターフォックス2」ですが…

これだけプレゼント形式。

プレイしようとすると…

満を持された。

「スターフォックス」全くプレイしたことないし別にめちゃくちゃやりたいわけじゃないからいいんだけどね(・Д・)

プレイしたことない人から言わせてもらえばスマブラでフォックスがピカチュウと一緒に毎作安定して強キャラって印象。

サムス使いなんでクソイライラさせられるしあんまり良い印象ない(笑)

ちなみに買えなかったけどゲームがやりたいだけの人ならレトロフリークっていうのをオススメしますよ。

一度ソフトを本体にインストールすればソフトの抜き差し不要でファミコンミニにあるどこでもセーブ機能はもちろん、ゲームによってはコードフリークというものがついていたりします。

コードフリークというのは、こんな感じにお金がMAXの状態にしてプレイしたり、1つの戦闘でレベルMAXだったり、いつでも無敵状態に出来たりと俗にいうチート機能です。

昔プレイしてエンディングまで行けなかったって人やファミコンによくあるゲームオーバーになったらまた最初からやり直しみたいなことも省くことが出来るので時間のない社会人の方に特にオススメ。

GB、GBAなど他のソフトもインストール可能なので本体は1万以上しますが損はないと思いますよ。

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。