私的伝説のクソゲー 「Angel Egg」


ジャケ写買いや新作を買っていれば必ずぶち当たるクソゲー。
1万近く出してこんなもの引いた日にはたまったもんじゃないが中には素晴らしい出来の作品もあったりしてなかなかやめられないものです。

そんな色んなクソゲーの中でも一際輝きを放つクソゲーがこの「Angel Egg」
主人公が学生ながらプロの小説家という設定で、とある理由により文化祭の脚本を頼まれるが…というお話。

このエロゲの何がすごいってわざと地雷って言われにきてるのかってくらい寄せて来てること。
地雷に必要なものは全部かっさらって装備していく姿勢。
ただただ話がつまらないからとかシステムが不便とか未完成品とかそんな量産型のクソゲーのような、なんらおもしろみのないクソさではない。
素晴らしき地雷と言われる点として…


・選択肢満載なのにセーブが8個しかない

・そんなセーブシステムなのにCG、音楽モードがないからお気に入りのCGがあればセーブを使わないとすぐにみれない

・コピペの日常(プレイ中にテキスト覚えるくらい)

・ストーリーを1日1日しっかり刻み、家を出ないで執筆だけしてる日常をしっかりみせつけたりもする

・ケンカしたはずのヒロインが同じ日に違う場所で会うと何事もなかったかのように会話→次の日またキレてるの変則コンボ(ある意味女らしい)

・誰のルートにも行かないと車に轢かれてバッドエンドと開き直ったかのようなヤケクソさ。

またCGや立ち絵もいちいちボケに来ておりツッコミたくなる素晴らしさも兼ね備える。


・やたら少食のヒロインたち。弁当箱の大きさがタバコやスマホ並。


・豪華なプール。何が豪華とは言ってないのでセーフ。


・この悩ましげな曲線美である。

脚線美ではない、曲線美である。テトリスの1番邪魔なやつ。


・奇を衒いすぎた斬新な髪型。こんな頭した奴の後ろの席だったら消しカスを輪っかの中に投げて遊ぶ。

また当時のエロゲ界で有名な声優を無駄に使ってるところがこのクオリティとのギャップでおもしろい。
他の作品だとお上手だなって思える声優さんなのにこの作品だとなぜか下手くそに聞こえてしまう不思議。
しかし当時としては絵がまあまあキレイだしサントラついてるし中古で買ったがここまで突き抜けると清々しいし、ネタにもなるで損した感があまりないんだよな。
またそのサントラがそこそこクオリティ高いのもおもしろい。

CG、エロシーン回想がある、スキップを既読か判別してしっかり出来る、この当たり前のことが出来る今のエロゲに感謝したくなるくらいの出来。
愛すべき伝説の地雷エロゲです。
気になるならやってみてください(笑)

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。