【ネタバレあり】死印 第4章 第5章 終了

死印、それぞれ2時間半で第4章、第5章終了。
計10時間45分でトロフィーコンプ。

一言感想:ンギモチイィッ!

-第4章-
再び小学校探索ルート。
若干沙耶の唄的なグロさの背景も出てくる。
ムダにスタイルのいいずぅ先生。
是非生前のお顔を拝見したかったもんだ。
そのくらいでこの章も書くことがない(笑)

-第5章-
怪異ファイルや実験記録をしっかり読んでないと即死のパターンが多め。
地下探索の合唱は東京音頭のようで地味に耳に焼きつく(笑)

真相までのラストの1時間半は続きが気になって一気にプレイしてしまった。
個人的に思ってることだがオチは泣き要素入れた方がよかったんじゃないかな?
ホラーと泣きって相性が良いんだよね。
怪奇とか霊とかのホラー要素って「怒り」が感情の中心になること多いからその感情が芽生えるまでの過程を泣きの要素に繋げやすゆえ。
思ったより売り上げがよかったらしいから続編の可能性もあるらしいし、次は零みたいな泣き要素も入れて作ってみてほしいな。

終わってみての要望的なものだとCGや音楽の鑑賞モードはほしかったかな。
特にBGMとかいいのもあるし、これはもったいないことしてるなーと思える。
あと登場人物たちのステータスはなんの意味があるかわかんないし必要ないのかな。
セーブ数増やしたりテキストのバックログだったりクリア後でもいいので章ごとにプレイ出来るようにしたりとかエロゲーマー目線だとそういうのもほしいと思えた。
クリア後にセーブデータに★とかつけてるなら、2週目以降かまいたちの夜のチュンソフトの陰謀的な隠し要素やしかけをぶっ込んで見るのもおもしろそう。

まだまだ可能性ありそうな作品だしもし出来るなら次回作はこういうの取り入れてほしいね。

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。