【ネタバレあり】死印 第1章 終了

死印、2時間15分で第1章終了。

一言感想:脱いだらスゴいボディに 皆、夢中だろ


この第1章がまるまる体験版部分だったらしいね。
結構豪華な体験版だ。
萌は貧乳かと思ってたら巨乳でわし歓喜。
この章だけしか出てこないんかな?
巨乳の持ち腐れになるやんか、もったいない。

一応ゲームシステムだけ書いておこうかと。
主人公は名前と顔を若干だがカスタマイズ可能。
といってもメガネやヒゲ程度だが。
この程度ならなくてもよかったんじゃないかと。
中途半端な顔した中年男性なんかいじっても楽しくないんで全部デフォルトにしといたがもう少しいじれればネタで変なの作ったかも。

セーブは出来るところと出来ないところがあって携帯機のゲームとしては若干不便。
最初は早くても20分くらいプレイしないとセーブ出来ない。
そのセーブ数も今時のゲームとしてはかなり少なめ。
即死や分岐エンディングにキャラ選択によるテキストの違いもあるんだから多めに100個くらいは用意しといてほしかったかな。
場所によってミスれば一発アウトの選択肢があるがほぼその選択肢前からコンテニュー可能。
ただ道具や謎解き的なコマンドの即死はちょっと前まで戻されてめんどう。
慣れないと十字とスティック間違えてムダな時間を使ってしまったりドアから出てしまうのはどうにかならなかったのか。
それが即死に繋がることもあるし余計にそう思えた。

ボスバトルは今までの情報やアイテムを使って戦う分、ここは謎解きっぽくておもしろかった。
形は違えど逆転裁判の法廷パートのような感覚。
ホラーゲームに必要なこととして、幽霊やバケモノが近づかないとこちらの攻撃が有利にならないなんてこともしっかり取り入れている。
今のところだがホラーっていうより都市伝説的な話で進んでおり「流行り神」に近いタイプのゲームって印象。
悪くもないが良くもないんで後のストーリー次第なのかな。

あとホテルの名前Hアモーレはナイス。

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。