【ネタバレあり】君が望む永遠〜Latest Edition〜 第2章 1人目 涼宮遙 終了

君が望む永遠〜Latest Edition〜、7時間半で1人目、涼宮遙終了。
初回プレイのトータル計11時間。

一言感想:あれ?こんなに泣けったっけ?


2001年ってプレステ2やドリームキャストが最新機種で携帯でネットが出来るようになったことが最先端なんか。
この時代に生まれた子がもうJKか、そら俺も暇勃ちなんかしない歳になるか。

何度も言うようにエロゲではじめてプレイした作品だから言ってみれば1番記憶の古いルートゆえ、当時の感情とか気持ちをしっかりとは覚えていないんだが、こんなにプレイ中何回も泣いたっけか?
そのくらいうるうるしたり泣いたりした場面が多かった。
遙が目覚めてからすべてを知ってまた意識失う流れまでのところは特に。
ピーク時は1時間に4回くらいも泣き所が。
特に遙パパが絡んでくるとほぼ泣けないか?
いい人すぎるだろこの人。

当時プレイしてて水月ってただの自分勝手な女だなって思ってたが今みると割りかし気持ちが理解出来る。
遙が目覚めてから焦りだす気持ちとかよく描けてるし本当に好きならこうなるだろうなって感じがすごくする。
水月とヤった後の慎二の言ってることもこのルートだけみればまあ納得出来るし。
あくまでこのルートではな。

あとは終盤ちょっとテンポが悪くなってたし、どうせ昔の夢みせるなら水月が事故後どう支えて、孝之がどう惹かれていったかみせるとよりよかったかと。
しかし遙とのエロシーンは興奮とかより泣けるってどういうこった。
普段はプレイ中読まないエロシーンなのにしっかり読んだわ。
エロシーンだけどエロの描写じゃなく、感情の描写がメインってのもあるが。
一つ言えるのはエロの最中、「絶対……絶対に……途中でやめないで……」というイチャラブゲーの処女ヒロインのテンプレセリフの重みが全然違うということか。
「挿れる→痛い→やめようか?→やめないで→中田氏(絶対に子供は出来ない)→私、幸せ→キス→あんなに淫らになっちゃって→恥ずかしがる」の誰がやっても別に変わりないイチャラブゲーエロシーンテンプレ。
漫才でいえばコント漫才のようなもん。
セリフ同じで違う人がやっても成立するもんだから読む気しないんだよね。

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。