【ネタバレあり】サクラノモリ†ドリーマーズ 第1章 終了

サクラノモリ†ドリーマーズ、1時間40分で第1章終了。


探偵のおっさんが濃厚ベロチューセックスでも好きそうな顔にみえてきてキモい(難癖
ちょっと生理的に受け付けんわ。

いじめられっこの豚がちょろっと出てくるフリ。
大抵こういうのは力を手に入れて立場が逆転するのがお決まりだが。
先生も悪役的なフリがプンプンしてなんかやだ。
ただのスカしであってほしいが。

急に幽霊見える展開に。
主人公やっぱり死んだか?
ストーリーの大まかな流れは引き込まれるんだがテンポが悪く、眠気との戦いに。
というかプレイ中、5分くらい寝てることが何回かあった。
要所は抑えており、演出含めおもしろみはあるがその要所と要所の間が空き過ぎてて眠くなる。
元から暗い雰囲気が出てるせいもあるがこの間の長さだと笑いがないときついわ。
ってかプレイした人って眠くならんのかな?

序章の方でも書いたが「何処へ行くの、あの日」の時とまるっきし同じで、とにかく暗さとテンポの悪さで眠くなるんだが。
それかよっぽど俺がこのライターさんと合わないのか。
霊を触ることで過去がわかる看取りシステムは零の濡鴉ノ巫女、異世界への出入り口が妖怪ウォッチの鬼時間、現実が異世界になるバトルシステムはぼくの1人戦争とちょっとずつ他のゲームの似たような設定をつまんできてるせいで新鮮味を感じれないのも眠くなる原因か。
ドアまでの追いかけっことか、壊されて閉じ込められたりなんてのがあったらもうね…

ただシェフのキ◯ガイボイスはグッド。
素晴らしい演技力で感心してしまった(笑)

3日空いたのに1時間半くらいのプレイでわかる通りちょっと読み進めて行くのがしんどくなってきている。
ストーリーの比率もサスペンスって言うよりファンタジーやバトル物寄りになってきてるし。
昔からファンタジーが苦手な理由って強引に言っちゃえば何でもありになるところなんだよな。
おもっくそファンタジー全開って設定ならルールや縛りも、また何でもありでバランスが取れるからいいんだけど中途半端にリアルの世界に取り入れると説得力のないルールや縛りになってしまうんだよね。
特にミステリーやサスペンスに取り入れるのなんて相性最悪かと思うが。
ファンタジーはカレー粉と同じで味の主張が強すぎるからちょっとでも何かに入れようものならほとんどそれに染められてしまう形に。
基本ミステリーやサスペンスは説得力がものをいうジャンルなんで筆者の技術でカバーするかひとつまみ程度の味付けにしないとやっぱアカンわ。

ゲームレビュー一覧へ

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。