【ネタバレあり】かまいたちの夜 輪廻彩声 ミステリー編 終了

かまいたちの夜 輪廻彩声、6時間半でミステリー編エンドすべて終了。


ちなみに自分はスーファミ版しか知らないんでその程で感想を書かせてもらいますね。
まずPSVitaの電源の場所と付け方がわからないくらい買ってからあんま使ってなかった事実。
しかしPCのエロゲと違って携帯機は寝ながら出来るのが素晴らしい。
プレイするのが楽なんでPSVitaでなんかいいギャルゲあったら教えてほしいくらい。

ゲームの方は初代と変わってるところだけどまずテキスト。
と言っても小さく細かいところだけ現代風になってるくらいなのかな。
美亜崎やおいの熱々姫とか相方 season14など。
やたらキ◯タマ蹴られやすいのも変わらず。

後はノベルからADVになって青影がキャラの立ち絵になりボイスがついたというくらいか。
文字通り輪廻彩声。
個人的に思ったのは香山の声は想像通りということ。
ただ香山の奥さんはどうみても35、6にはみえなくおばはん通り越してババアやんけ。
あと関係ないけど香山の顔の血管よ(笑)
女キャラは真理もかわいいけど3人組のぽっちゃりの啓子がタイプ。
この2人のエロシーン希望。

プレイしたはいいが当然細かい選択肢とか覚えてないんで最初は真理に殺される最悪のエンドへ。
そのルートのラストも丁寧に3枚もCG使ってあり臨場感というか迫力が増しててよかったかなと。

今やると細かい選択肢選ぶのやっぱめんどくさいけどCGがあると選択肢回収も楽しめてそこは個人的にプラスになってる。
でもやっぱこれ犯人知らない状態でやりたかったな。
未プレイ者なら普通にサスペンスのギャルゲとして楽しめてそう。
個人的には再プレイみたいな形になってるが普通にサスペンスとしてしっかりしてるのでやはりのめり込める。
あんまりライターがどうとかで決め付けたくないけどやはり本格的な小説書いてる人と素人に毛の生えた程度のライターじゃ技術や構成とかが全然違ってやっぱ差があるなとか思ってしまう。
直前にプレイした作品があまりにもあれだったので余計にね。

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。