【ネタバレあり】神様のゲーム 第1章 終了

神様のゲーム、2時間で第1章終了。


グラフィックが本当に10年前かってくらい粗いというか、塗りが古臭いね。
腕を切り落とされるところなんか、あの伝説のキャベツみたいな大雑把さ。
背景の色使いもあるのかわからんがプレイ中に目がチカチカする。
また立ち絵で主人公がいちいち「ハッスル、ハッスル」するのも気になってしょうがない。
キレッキレの身体にち◯こ丸出しで悶え苦しむ誰得CGも用意されてたり所々笑かしにかかってるのかと思えてきた。

シナリオの方はテキストはまあまあ読みやすい。
しかし、心理描写がたまにウルトラマンの「説明しよう!〜なのだ」みたいに客観的にみた誰かの解説になるのはなぜだろうか。
普通に主人公視点からの描写でよくないか。
それとあんな状況に置かれてずいぶん飲み込みの早い主人公たちも気になる。
印刷業の社会人という一般人設定なのにやたら要領よく立ち回り、頭がキレる主人公の行動にもなんとなく違和感があったり。

そして、真面目に今後の作戦を立ててるに射精、射精って言葉が出てきてこれもシリアスに入れるようで入れない要素。
この設定上しょうがないんだが真面目にやってる様が滑稽にみえてしょうがない。
シリアスな話なのに笑かしにかかってるような要素がたくさんあってセックスばっかしてるんで、今この時点でレビュー書けと言われたら総評の一言に確実に「絶対に笑ってはいけないテラスハウス」と書きたくなるような印象。
緊張の緩和を使うとはお笑いの基本がしっかりなってるね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。