私的泣ける、感動するエロゲたち

・家族計画〜絆箱〜(D.O.)
それぞれに事情を抱えた男女7人が一緒に暮らしていくという話。
おおげさかもしれないが死ぬまでに出会えてよかったと思えた数少ないエロゲ。
泣ける以外のことも含めて私的エロゲランキングNo.1の作品です。
テキストのおもしろさ、練られたシナリオ、音楽の良さ、そして最後の泣き要素。
未プレイなら早くやってみようと言いたくなるくらいオススメ。

この作品のここを見ろ:青葉と準ルート


・車輪の国、向日葵の少女(あかべぇそふとつぅ)
日本のようで日本じゃない国を舞台にしたお話。
家族計画と同じで死ぬまでに出会えてよかった作品の1つ。
家族計画より笑いを若干減らし技術とシリアスの要素を増やした泣きゲー。
ネタバレなしだとこのゲームの良さが伝えづらいのでこちらも未プレイなら詳しい感想とかみないでとりあえずやれと言いたくなる作品。

この作品のここを見ろ:とっつぁんの発言、言動すべて


・ゆきうた(Survive)
雪降る夜、本気で祈ると奇跡を起こしてくれる木を中心とした学園物。
このゲームの今井由紀ルートは個人的に好きな終わり方で、短いながら感情移入出来て涙が自然に流れてくるような終わり方です。
誰かの願いを叶えると他にどんなことがあるのか。
安易な奇跡やご都合主義では物足りないという方にオススメ。

この作品のここを見ろ:先生と由紀ルート


・僕はキミだけを見つめる~I gaze at only you~(インレ)
現代社会を舞台にした王道泣きエロゲ。
主人公は殺害予告をされた人気絶頂歌姫のボディーガードという設定。
本編のラストシーンからアフターストーリーの流れは涙が溢れるかと。
短いながら非常によくまとまっており音楽や立ち絵、演出などの細かいところにも気を使っているのも特徴。
ちょっとダークで厨二的な要素が好きな人にもオススメ。

この作品のここを見ろ:本編のラスト、アフターストーリー


・生命のスペア I was born for you(あかべぇそふとすりぃ)
桜紋病という発祥したら心臓を移植するしか助かることのできない病気にかかった姉とその姉に心臓を移植するために作られた妹のお話。
互いが生きてほしいと願い、どちらが生きるのかという重い設定。
見せ方が上手で技術で泣かせてくれる作品。
ラストは好きな終わり方だった。
早ければ5時間くらいでコンプ出来るので時間がないけど泣きゲーやりたい人にオススメです。

この作品のここを見ろ:ラストシーン

ゲームレビュー一覧へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。