媚肉の香り〜ネトリネトラレヤリヤラレ〜 レビュー

タイトル 媚肉の香り~ネトリネトラレヤリヤラレ~
メーカー elf(解散)
発売日 2008/03/28
総プレイ時間 14~18時間
シナリオ 90
音楽 72
グラフィック 77
総評 90

基本的には1本道のストーリーに選択肢と移動マップの選択による好感度で個別ルートに途中で別れる形。
細かい選択肢が多くなにも見ないでやるとバッドエンドなどに行き、正規ルートがわからなくなるかも。
一応バッドエンドに行けば正解ルートへのヒントらしきことを教えてくれるが、なるべく攻略サイトみてやった方がいいかと。
攻略サイトみながらのプレイは選択肢を1個1個みるようにスクロールし、下の方はみないようにプレイしていくのをオススメします。

全体的な感想は無駄な心理描写や会話が少なくサクサク進んで好印象。
FPSのような移動マップに少々ストレスがあるかもしれないがそれ以外は特に問題ないかと。
また登場キャラの年齢が他のゲームと違い、高めなせいか落ち着いた人ばかりでキャラに疲れないのもいい。

そして何と言ってもシナリオの出来。
プロットの段階できっちり考えられており細かいところまで練られてるのが好印象。
アダルトゲームの名の通りエロなしでは語れない大人な雰囲気を楽しめる貴重な作品です。
1時間があっという間で長時間プレイしてても疲れを感じませんでした。
特に最後の4時間は一気にプレイしてしまうくらい引き込まれました。
最後までやらないと意味のない作品でもあるのでプレイ開始したら最後まで是非やってみてほしいです。


ボイスは全キャラ絶妙にあってて大変いい。
誰が誰かと公表はされてないが人選が素晴らしかったと。
BGMは作中に音の主張がまったくないといっていいくらい空気なのばかり。
エロシーンで流れるのが、昭和のポルノ映画で流れてそうと思ったくらいか。
ただ無音が多かったり主張してこないのはあえてやっていることだと思うのでその辺はしょうがない。
むしろこの作品の雰囲気にはこの方があっていたのでマイナスとは思わなかった。
お気に入りは「BGM15」


だいぶ前のゲームゆえやはり背景とか若干古い感じはするが移動マップのシャンデリアとか奥行きの感じは当時、綺麗だったのかもね。
またエロシーン限定でアニメーションが入ったり珍しいタイプ。
ぬめぬめ動くのでリアルさはちょっとあるかな。
ただ近年の技術と比べるとやはり劣ってるとしか言えないかも。
キャラデザインは若干少女マンガチック。
萌え絵になるよりはこっちの方がこのゲームの雰囲気にあってると思うのでこれも狙ってやっているのかもしれない。
CGになっても安定はしているのでその辺気にしなければ特に問題ないかと。


文字通り「アダルトゲーム」というものを楽しめる貴重な作品。
エロのアダルトだけじゃなく色んな意味のアダルトを体験出来る作品かと。
わかりやすい「泣き」や「鬱」を主張しなくても「シナリオがいい」と言わせることが出来るんだなと教えてもらった感じ。
もしかしたらおっさんや大人になるほど楽しめるゲームであるのかもしれない。
タイトルだけみれば黒いパッケージのゲーム想像して敬遠する人もいるかもしれないがそんなことはなく、普通にシナリオゲーとして楽しめるので気になるなら是非やってみてください。

各キャラ別の感想(ネタバレあり)
・三澤乙葉
・三澤香織
・叶沙耶
・隠しルート

ゲームレビュー一覧へ

↓(以下ネタバレ感想)↓


香織と沙耶に対する感情でこのゲームは評価変わるのかな?
香織さんエッロッ!wwwサイコーッスwwwとスケベ目線でのめり込めてたらいい作品に思えるかと。
エロゲならこんな天使みたいなキャラいるよねってのを見事に裏切ってくれた。
バッドエンドで犯されても天使(のフリ)の対応だったからこんな悪女だとは思わないよね、普通。
個人的には香織さんの色気と天使具合に釣られ、ちょうど主人公と同じように沙耶に惹かれていったからライターがうまいなと思えたが。

またあえてメインヒロインがわからないように思わせたのもよかったかと。
正統派ヒロインでキャラ紹介の1番前の乙葉、彼女の由紀、ゲームのタイトル画面独占の香織、パッケージ独占だが作中1番関わりが薄い沙耶。
結局この中なら1番ないと思ってた沙耶がメインだったんでガードも緩くなっており予想してないストーリーで楽しめた。
パケ写のキスのCGはなんでスポンジ持ってるのかと思ったらメロンパンだった。

また他のバッドエンドのオチでも乙葉への援助がなくなったり、香織が変わってしまったりと共通して真相のオチに関連があるのは感心した。
ネタバレでもなくかといって投げやりでもなくプロットが絶妙に出来てた。
他のバッドエンドの妙なあっさり感もちゃんと意味があったということ。
かと思えばテクノブレイクエンドのようなバカっぽいオチもあり笑ってしまった。
あとまったく関係ないが立ち絵の衣装チェンジで松太郎全裸パフォーマンスとか誰得設定出来て草。

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。