アマツツミ レビュー

タイトル アマツツミ
メーカー Purple software
発売日 2016/07/29
総プレイ時間 19~23時間
シナリオ 71
音楽 89
グラフィック 89
総評 74

基本的には水無月ほたるルートまでの共通ルートを進んで行き、途中の選択肢で個別ルートという形になっています。
「G線上の魔王」や「STEINS;GATE」などと同じ形。
プレイ時間は最初の選択肢までの共通ルートが5時間〜6時間ほどそこから個別ルートに入ると各キャラ1〜3時間くらいで終わります。
またほたるのみエンディングが2つあり、END1を見てからEND2で完結となります。

全体的な感想はとにかく退屈な時間が多すぎるということ。
ルートによってはほぼ変化のない日常を3時間近くみせられることもある。
よくあるポンコツガ◯ジのわちゃわちゃプレイやド寒いノリがない分、我慢出来るが1時間ずつ休憩をとり、刻みながらじゃないととてもじゃないがプレイ出来なかった。

またほたる以外の個別ルートはエロシーンのためにあるようなものでこれもテンポが悪いと感じた原因か。
ほたるルートだけやればまた印象は違うのかもしれない。


ボイスは違和感もなくいいかと。
光一が若干滑舌悪く感じたくらいか。
BGMは昼と夜、どちらの夏にもぴったりなのが揃っており、こちらはとても素晴らしい出来。
ボーカル曲の「コトダマ紬ぐ未来」はこのゲームの雰囲気がとても出ていて気に入りました。
お気に入りは「常態冷却少女ー愛のテーマー」、「明日への期待」、「伝えたくて伝わらなくて」、「ぬくもりの時間」、「あの日に帰りたい」、「コトダマ紬ぐ未来ーinstrumentalー」


目がちょっと特徴的なくらいで全体的には綺麗だと思う。
演出の力の入れ具合といい、よく出来てるかと。
背景の水なんかも動きがついているのも特徴。
また各キャラにおっぱいの違いがみられてメーカーの拘りを感じた。
ただこころは脱がすと残念なタイプだった。
あのおっぱいちびまる子ちゃんのたまねぎ頭のやつにみえてしょうがない。


ほたると3種類のおっぱい達。
適切な一言総評が見つからないのでこれで。
シナリオでも書いたがほたるルートに登場人物達のエロがついただけの作品ということになると思う。
ほたるルート行くまでに特にキャラへの愛着やエロシーンをみたいと思わない限り個別ルートは飛ばしてもまったく問題はない。
むしろ飛ばした方が集中出来るからシナリオ派はそうした方がいいかと。

各キャラ別の感想(ネタバレあり)
・織部こころ
・朝比奈響子
・恋塚愛
・水無月ほたる

ゲームレビュー一覧へ

↓(以下ネタバレ感想)↓


俺は泣けると聞いたゲームをやっていたはずなのにいつの間にかイケメンのヤ○チンライフをみせられていた。
な…何を言ってい(ry
下半身に忠実に生きても「好き」と言えば許してくれるかわいい女の子達。
そしてそのかわいい女の子達もお股が緩くおまけにセフレでもOKな子も。
そら人生楽しいわ、俺もそんな世界なら死にたくない帰りたくない。

まじめにシナリオの話すると愛以外のヒロインの惚れた理由が理解出来ず、主人公もなんでそのヒロインに惚れたのかわからないので感情移入出来ない。
抑揚のない日常書いてるくらいならこの辺の心理的なところもっと丁寧に書けばよかったのに。

こころ:兄貴かまってくれ
響子:私なんか私なんか…
愛:ドーナツ食いて〜

これを色んな角度から見せられてるだけの日常だからね。
性格いい子が揃ってて魅力的なだけにもったいない。

ほたるは礼儀正しい、空気読める、落ち着いてる、小柄、髪型いい、声もいいと個人的にツボの要素入ってるのに好きになれないのは貧乳だからか。
ほたるを好きになればまた評価は変わったのかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。