僕はキミだけを見つめる~I gaze at only you~ レビュー

タイトル 僕はキミだけを見つめる~I gaze at only you~
メーカー インレ
発売日 2015/11/27
総プレイ時間 13~17時間
シナリオ 91
音楽 89
グラフィック 87
総評 91

基本的には風早永遠ルートの1本道の全10章とアフターストーリーで構成されておりプレイ時間は各章1〜2時間くらいでトータル13〜15時間くらい。
10章の最後の選択肢により個別ルートになってますが個別と言ってもエロシーンのためにあるようなもので10分程度で終了します。

同人版との違いは多少あれどおおまかなストーリーは変わらず。
あとは所々現代風にテキストが変えてあるくらいです。
ストーリーは笑いとシリアスがいいバランスに散らせてありテンポもよく飽きさせない出来となっています。
章ごとに進めるので区切りも付けやすくプレイしてて苦痛になることはほぼないのが大変素晴らしいです。
本編プレイ後はアフターストーリーをすぐプレイしたくなるのは間違いないと思う。

文句をつけるならもう少し見せ方をうまくすればよりよくなったのになあということか。
ネタバレ感想で詳しく書くがマジックでいうと種明かししてもらってからネタをみせられてるような印象を受けるのが何カ所かあったので。
ただそれでもよくまとまっていてやはりいい作品だなと改めて思いました。


まずオリジナル版ではなかったボイスがついたのはよかったですね。
各キャラ違和感なくてよかったです。
特に杏藤はイメージ通り。
ただ劇中の影響でハードル上がりまくりの永遠の歌声はそこまですごい感じはなかったのかな。
みんなが惚れ惚れする歌声っていうから川嶋あいや奥華子みたいなのイメージしてた。
まあ変な声じゃないし問題はないかと思います。

BGMは場面場面に必要な音楽がしっかり揃っておりとても良かったと思います。
個人的に好きなピアノ系のBGMが多いからかも。
お気に入りは「Saber Tiger 」、「yours」、「永遠と一瞬 musicbox」、「君の涙」、「私はあなただけを見つめるmusicbox」、「私はあなただけを見つめる piano ballad」


多分同人版から1番進化したのがグラフィックかと。
立ち絵も色々揃えてありこの辺も好印象。
違和感あるとすれば永遠のおっぱいがここまで大きいとは思わなかったくらいか。


泣きとサスペンスが好きな方には間違いなくオススメ出来る作品。
進化したグラフィックに足されたテキストとキャラにボイスが付いたことによって同人版プレイした方も、もう一度楽しめます。
泣きゲー、サスペンスで外れを引きたくない人や時間がない人にならこれやっとけと言えるくらいオススメ出来る作品です。
また外伝の方もこちらに負けないシリアスさなのでオススメします。

ゲームレビュー一覧へ

↓(以下ネタバレ感想)↓


同人版の方との細かな違いは記憶がちょっと曖昧だが最初のホームレスの下りのキャラが違うのとナツの性別くらいなのかな?
先生は外伝サーベルタイガーの方で初登場でナツはガチホモだった気が。

シナリオのレビューで書いた見せ方の話だがせっかく色んなところに伏線はってるんで終盤まで引っ張りまくっていきなり回収していくとよかったなーと。
アーマンの正体とか最後の切り札とかアフターストーリーのライブのサプライズとかは特にね。
アーマンに関しては何か別のキャラ出すなりしてミスリード誘えばすげーってなったりしたかも。
個人的には同人版で好きなシーンだった美夜がかばって死ぬシーンはボイスも付きCGも足されてたのでよりよくなっててうれしかった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。